地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > やはり6点取らないと勝てない広島、ドラ1右腕、岡田明丈の好投も初勝利とはならず
2016年05月14日
編集部編集部

やはり6点取らないと勝てない広島、ドラ1右腕、岡田明丈の好投も初勝利とはならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

5月14 日 ●5-6中日、ナゴヤドーム
通算21勝19敗、+2

15時・3時間12分、3万941人
相手先発・ジョーダン5回3分の2、6安打4失点
本塁打・なし

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ファースト新井貴浩
五番レフト・エルドレッド
六番ライト鈴木誠也
七番サード小窪
八番キャッチャー石原
九番ピッチャー岡田明丈6回3安打2失点
ヘーゲンズ
●ジャクソン

5対2の七回、2番手のヘーゲンズが二死二塁まで行きながら踏ん張りきれず3連打されて試合はは振り出しに。続く八回には3番手のジャクソンが初球ストレートをビシエドに狙われ、13号ソロを許しこれが決勝点となった。

広島ははこれで5月は5勝7敗。勝ちゲームのスコアを”もうい一度”見ていくと、
10-7
6-1
10-4
6-3
そして延長十回にケリをつけた昨夜も6-3

要するに6点以上取らないと勝てない。

この日も6点あれば、ビシエドの一発があっても逃げ切れたのだが…

5月10日のヤクルト戦(神宮)ではともにきっちりホールドをあげたヘーゲンズとジャクソンは、その後、11日のヤクルト戦(同)でジャクソンが八回に救援失敗。12日のヤクルト戦(同)でもヘーゲンズが七回にバレンティンにソロを浴び、ジャクソンは八回失点で3対3同点に追いつかれ、けっきょく延長10回の今村も打たれてサヨナラ負け。

こうしたブルペン陣のバタつきが”6点取れないと勝てない”チーム状況を生んでいるのは明らか。二軍再調整で投球スタイルを一新し、テンポのいい投球を披露した、新人右腕・岡田明丈のこの日の6回2失点ピッチングも初勝利には繋がらなかった。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

有料メルマガ配信案内