地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 新井貴浩、神宮の赤い風景に溶け込みながらまた殊勲打、中崎30Sでマジック4
2016年09月05日
編集部編集部

新井貴浩、神宮の赤い風景に溶け込みながらまた殊勲打、中崎30Sでマジック4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神宮
  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

9月4日 〇4-3ヤクルト、神宮球場、曇りのち雨
通算78勝47敗2分け、+31、M4
17時00分・3時間10分、3万0430人
相手先発・●山中3回3分の1、8安打4失点
本塁打・松山9号ソロ、會澤7号ソロ

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ファースト新井貴浩
五番ライト鈴木誠也
六番レフト松山
七番サード安部
八番キャッチャー會澤
九番ピッチャー〇ヘーゲンズ6回3分の0、7安打3失点(48試7勝3敗0S)
H今村
Hジャクソン
〇中崎(57試合3勝4敗30S)

新井貴浩に今季27度目の殊勲打が飛び出し、巨人が負けて優勝マジックは4、地元マツダスタジアムでの胴上げの可能性が高まった。

試合が動いたのは三回。先発・ヘーゲンズの投手強襲ヒットと菊池の右前打に丸の進塁打を絡めて二死二、三塁。ここで新井貴浩がヤクルト先発の山中から左前に2点タイムリー。3万人を越えるスタンドの6割以上を締める赤い風景が大きく揺れた。

四回には松山、會澤にソロホームランが出て山中をKO。

投げては先発転向4度目のヘーゲンズが7回3分の0まで踏ん張り、救援した今村も代打・坂口に適時時塁打され4対3、1点差に詰め寄られたあとの一死三塁から上田、トリプリスリーに「あと1盗塁」の山田を連続三振に退けた。

九回を3人で片づけた中崎は30セーブに到達。8月5日の巨人戦(マツダ)で失点して以来、8月12試合、9月3試合と計15試合連続無失点ピッチング。

※この記事は2010年10月10日から一日も休まず様々なコンテンツを更新中の携帯サイト「田辺一球広島魂」をもとに再構成されています。新井貴浩選手、黒田博樹投手の2007年、前回カープラストシーズンにも密着…
スマホ版http://ikkyuu-t.com
通常携帯版 http://www.ikkyuu-t.info/i

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

有料メルマガ配信案内