地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 東京ドームで黒田力投、鈴木誠也2打席連発で広島、25年ぶりリーグ優勝果たす
2016年09月10日
編集部編集部

東京ドームで黒田力投、鈴木誠也2打席連発で広島、25年ぶりリーグ優勝果たす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

9月10日 〇6-4巨人、東京ドーム
通算82勝47敗2分け、+35、貯金最多更新で優勝、巨人に15ゲーム差
18時00分・3時間41分、4万6643人
相手先発・●マイコラス5回5安打5失点
本塁打・鈴木誠也25号ソロ、26号2ラン、2打席連発、1試合2発は今季3度目、松山10号ソロ

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ファースト新井貴浩
五番ライト鈴木誠也
六番レフト松山
七番サード安部
八番キャッチャー石原
九番ピッチャー〇黒田6回6安打3失点(23試9勝8敗0S)
今村
ジャクソン
S中崎(60試合3勝4敗33セーブ)

優勝マジック1で迎えた巨人との”直接対決”。先発マウンドに上がった黒田にはバックネット裏まで「赤」のスタンドから大きな声援が送られる。

しかし初回の黒田は先頭の長野に右前打されると一死から、バットに乗せるような坂本の技ありスイングに初球をとらえらて、これが22号2ランとなって赤いレフトスタンドへ。

三回、相手のミスに乗じて1点を返した広島だが序盤3回は巨人先発のマイコラスの前にノーヒット。

迎えた四回、先頭バッターは鈴木誠也。ボールカウント3-1からお返しとばかりカーブを振り抜き、巨人ファンの集まる左中間寄りのエリアへ25号ソロホームラン。

続く松山も初球の低目を振り切って、こちらは右中間スタンドの深いところへ勝ち越しホームランで東京ドーム空間をカープファンの声援が支配…

さらに五回、一死一塁で鈴木誠也。今度はボールカウント2-0からスライダーを再びレフト方向へ。高く上がった打球は失速することなくスタンドイン。5対1として黒田を力強く援護した。

八回に互いに1点ずつを取り、6対4のスコアで九回へ。胴上げ投手の権利を持ってマウンドに上がったのはもちとん中崎。150キロを越える真っ直ぐで巨人打線をねじ伏せて25年ぶりリーグ優勝を決めた瞬間に歓喜の輪の中に埋もれて行った。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

有料メルマガ配信案内