地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 昨季の最多勝右腕、広島の野村は中日打線を”一発”のみに封じて通算50勝
2017年04月04日
編集部編集部

昨季の最多勝右腕、広島の野村は中日打線を”一発”のみに封じて通算50勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野村祐輔
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

ブルペンで畝投手コーチ(右)と話をする野村、開幕に備え準備してきたことがシーズン初登板で実を結んだ(トップ画像説明)

4月4日 〇7-1中日、ナゴヤドーム
通算3勝1敗0分けの2位、巨人は開幕4連勝
18時15分・2時間59分、3万3744人
相手先発 ●若松3回7安打3失点
本塁打 エルドレッド1号2ラン

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ファースト新井
五番ライト鈴木誠也
六番レフトエルドレッド
七番サード安部
八番キャッチャー石原
九番ピッチャー〇野村7回4安打1失点
飯田
中田

登録 野村
抹消 中村恭(4月3日)

開幕3連敗の中日と敵地で対戦。地元開幕に沸く相手を圧倒した。

野村、若松の両軍先発は昨季の開幕2カード目と同じ顔合わせ。昨季は●野村、〇若松だった。昨季の最多勝&最高勝率右腕が見事、リベンジを果たした格好。

野村は初回、先頭の大島にストレートの四球。ここで広島ベンチは内野をバックホーム態勢にシフト。野村は狙いどおり、二番荒木を遊ゴロに打ち取り、さらにゲレーロ見逃し三振、ビシエド遊ゴロで失点を回避。すると二回、エルドレッドに1号2ランが飛び出すなどして広島が3点を先制した。

三回、野村は先頭打者で若松の代打として起用された溝脇に粘られ11球目をライトスタンドに運ばれた。

が、失点はこれだけ。四回、先頭のビシエドに左前打され、暴投で無死二塁となった場面も、平田、遠藤を連続三振に仕留めるなど後続をピシャリ。その後七回までで外野に飛ばされたのは一度だけ。開幕3連戦で合計7得点と低調な中日打線を黙らせてプロ通算50勝目をマークした。野村のナゴヤドームでの勝利も4シーズンぶり。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内