地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 鈴木誠也の一打はリプレー検証でアウトから同点打に、新人床田は9安打されながら3失点
2017年04月05日
編集部編集部

鈴木誠也の一打はリプレー検証でアウトから同点打に、新人床田は9安打されながら3失点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

4月5日 △3-3中日、ナゴヤドーム
通算3勝1敗1分け、開幕5連勝の首位巨人に1・5差の2位
18時・4時間37分、2万6903人
相手先発 八木3回3分の0、4安打2失点
本塁打 エルドレッド2号2ラン(2試合連続)

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ファースト新井
五番ライト鈴木誠也
六番レフトエルドレッド
七番サード小窪
八番キャッチャー會澤
九番ピッチャー床田6回3分の1、9安打3失点
今村
薮田
Hジャクソン
H中崎
H飯田
中田

登録 床田
1点を追いかける九回、一死一、二塁で鈴木誠也の打球はレフト前へ。ホームに突っ込んだ丸はアウトの宣告を受けたが、リプレー検証の結果「足が入っているためセーフ」となり、試合はそのまま延長へ。

延長十二回の広島は守備の乱れから無死一、二塁のピンチを招いたが7人目の中田がイニングまたぎでも良く踏ん張り、引き分けた。

広島打線は開幕から4試合で計31得点と当たっていたが、「広島キラー」とされる八木を早々にKOしながら、二番手又吉に4回3分の1を封じられた。

新人左腕の広島床田は最速148キロの真っ直ぐとカーブの緩急をつけたピッチングで中日打線に向かっていき、9安打されながらも試合を作った。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内