地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 交流戦での”J2争い”から広島、脱出できるか?
2014年06月12日
編集部編集部

交流戦での”J2争い”から広島、脱出できるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

6月8日にセ・リーグ首位から滑り落ちた広島は現在、交流戦最下位一人旅。交流戦は残り8試合。全勝しても12勝12敗。試合数は違うが、ここまで交流戦4勝はカープだけで、ヤクルト、楽天、阪神が6勝、西武が7勝。

Jリーグ風に見立てるとこの5チームが「J2争い」で残り7チームが中位以上、巨人、オリックス、中日の優勝争い、といった感じになっている。

ただしDeNAは8勝をあげていても実際はJ2降格圏内。交流戦の得失点差がマイナス15で、他の6チームはいずれも得失点差がプラス(ソフトバンクが最多でプラス26)。この差は大きい。

その交流戦・得失点差で見ていくとカープはマイナス45と惨憺たる状況にある。

阪神はマイナス22、楽天はマイナス16、そして意外にも西武はマイナス4…。

なるほど伊原体制から脱却後の4試合だけを見ると、巨人に3-4●、3-1○、ヤクルトに5-9●、5-2○と勝率5割で得失点差もピタリ、プラマイゼロ。よくできている。

きょうからの所沢での対戦を前にデータから読み解くと西武と広島の間には、得失点差のほかにも大きな違いがある。

ポジションと打順の固定に対する両軍の考え方の差だ。

交流戦に入ってからの広島はクリーンアップも一、二番も、各ポジションもイッキに流動化した。特に左腕の牧田が先発する今夜などまるで見当がつかないが、西武は違う。

外野はレフトが三番・栗山

センターが一番・秋山

ライトが二番か六番で木村

内野はファーストに五番・メヒア

セカンドに七番・金子侑

サードに四番・中村

キャッチャーも八番・炭谷で固定

そしてショート。5月は金子侑が中心だったが6月は渡辺直が軸になった。

役割分担が明確化されつつある西武打線に対し、4月19日のDeNA戦(横浜)以来、先発6試合で勝ち星のない(2敗)九里がどう挑むか?が注目される。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内