地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 「野球ができる幸せ」、その先に待つのは赤く染まったマツダスタジアム、広島の赤松が2年ぶり宮崎・日南のグラウンドに立つ
2018年02月06日
編集部編集部

「野球ができる幸せ」、その先に待つのは赤く染まったマツダスタジアム、広島の赤松が2年ぶり宮崎・日南のグラウンドに立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤松
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

赤松(画像中央奥)、みんなと一緒に日南の陽射しを浴びながら…(トップ画像)

2017年1月5日に胃がんの手術を受けた広島の赤松真人外野手が宮崎・日南に2年ぶりに戻ってきた。

若手ら主体の広島の二軍は2月1日から山口県岩国市の絆スタジアムでキャンプ第1クールを行い、6日から宮崎県日南市の東光寺球場で第2クールをスタートさせた。

二軍での全体練習復帰を岩国で果たした赤松はこの日、2年ぶりとなる日南の青い空を見上げ、空気を吸って「野球ができることの幸せ」を改めて口にした。

倉二軍バッテリーコーチを相手にしたフリー打撃では、両翼92メートルのところにある高いネットを超える一発を放ち、スタンドのファンから拍手も起こった。

抗がん剤の影響で思うように体を操れない、食べることに大きなストレスがあるなど、多くのハンディを抱えながら、球界でも例のない復活劇を目指す赤松。

二軍での実戦復帰とそれを継続するだけの体力の回復、その先に待つ一軍レベルのスピードやキレとの闘い…。課題をひとつずつ克服していくその姿をファンもチームメートも関係者もじっと見守っている。

練習を終えた赤松の話

「(柵越えの一撃)あれはサードフライ。風速30メートルくらいあったからね。(日南に)また帰ってきなたと…。(術後の生活が続いた)去年のことを考えれば、こうやって野球ができることがすごく幸せな気持ちです」

赤松
赤松に密着のカメラクルーも

赤松
屋内でロングポールを振る赤松

赤松
フリー打撃で快音

赤松

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内