地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > アンジュヴィオレ広島、皇后杯2回戦突破!PK戦11人の死闘を制す
2014年12月07日
編集部編集部

アンジュヴィオレ広島、皇后杯2回戦突破!PK戦11人の死闘を制す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皇后杯2回戦、広島スタジアム
  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

アンジュヴィオレ広島に熱い声援を送るサポーター

 

来季からのなでしこリーグ2部参戦が内定しているアンジュヴィオレ広島が、一発勝負のトーナメントでも底力を発揮した。

11月30日にあった第36回全日本女子サッカー選手権大会、皇后杯1回戦でノルディーア北海道に2-1で競り勝ったアンジュヴィオレ広島は12月7日、コカ・コーラウエスト 広島スタジアムにFC吉備国際大学Charmeを迎えて2回戦に臨み、2-2同点のままPK戦に突入して11人目で死闘を制した。

アンジュヴィオレ広島PK戦直前、皇后杯
PK戦前に円陣をつくるアンジュヴィオレ広島

PK戦で勝利が決まった瞬間…
20141207_163006
アンジュ、皇后杯PK戦で勝ちが決まって…
アンジュPK戦決めダッシュ
アンジュPK戦勝利たたえ合う

1回戦の相手、ノルディーア北海道は北海道からなでしこリーグ参入を目指し、北海道地域予選を勝ち上がってきた。

しかし今回は最下位に終わったとはいえ、なでしこリーグでもまれてきたFC吉備国際大学Charme。

午後2時キックオフの試合は前半7分、CKから逆サイドで粘る相手に最後は振り切られ先制点を奪われた。

しかしその4分後、左サイドをMF水野祐里が持ち上がり、左に開いていたMF市川苑佳にパス、市川はすかさず中央のFW葛馬史奈にロングクロスを送り、葛馬がこれを持ち込んで右足で決めた。

後半に入っても積極的に攻めるアンジュヴィオレ広島は22分、MF武田裕季、葛馬と繋いで最後は17歳のFW斎原みず稀が豪快に蹴り込み2-1と勝ち越した。

その後は相手に攻め込まれる場面が増え、何とかしのしでいたものの38分、ゴール前でクリアしようとした相手の速いクロスがそのままオウンゴールとなって自陣ゴールへ。2-2のまま延長でも決着がつかず、PK戦に突入した。

PK戦では先行のアンジュヴィオレ広島が5人目までで2度外しm1度止められた。それでもGK上谷久美子のファインセーブに助けられ、6人目からは互いに譲らぬ白熱戦へ。アンジュヴィオレ広島11人目のDF山縣尚美が決め、相手の11人目が大きく吹かした瞬間3回戦進出が決まった。

GK上谷の話
広島のみなさんの前で勝てて良かったです。(PK戦になっても)楽しんでやろうと思っていたのでプレッシャーは感じませんでした。(2-2で迎えた相手の4人目を止めたプレーは)気合い勝ちだと思います。勝ち越し点を早く取っていればもっと楽に勝てた試合。(チームとして)きょうはいいところも悪いところも出ましたが、上のカテゴリーのチームに勝ったことは自信に繋がります。次の試合ではみんな、いいところを出せるようにやっていきたいです。

皇后杯吉備国際大応援
FC吉備国際大学Charmeの応援風景

なお、FC吉備国際大学Charmeは今季、なでしこリーグレギュラーシーズン18戦0勝1分17敗、得点11、失点79の得失点差-68。

3回戦で対戦するベガルタ仙台レディースは今季、なでしこリーグ7位でレギュラーシーズン18戦7勝4分7敗で得点23、失点17の得失点差+6。

3回戦は12月14日午後2時から、兵庫県三木市の三木総合防災公園陸上競技場で行われる。入場は3回戦まで無料。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

有料メルマガ配信案内