地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > ひろしま男子駅伝、20回大会で広島は粘り見せ13位フィニッシュ、埼玉初優勝
2015年01月18日
編集部編集部

ひろしま男子駅伝、20回大会で広島は粘り見せ13位フィニッシュ、埼玉初優勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第20回ひろしま男子駅伝スタート
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

第20回全国都道府県対抗男子駅伝(ひろしま男子駅伝)が1月18日、広島市の平和記念公園前発着、7区間48キロのコースで行われ、埼玉が2時間19分14秒で初優勝を果たした。

20回大会での飛躍が期待された広島は1、2区で出遅れ37位まで後退したが中盤以降盛り返すと7区の鎧坂哲哉(旭化成)が区間2位の激走を見せ2時間21分20秒のタイムで13位に食い込んだ。

 

一昨年は4位、昨年は2位と2年連続で入賞を果たしながら頂点の座が遠かった埼玉は2区で1位に浮上。高校生選手の力走が効いて最後は7区勝負で宮城の猛追をかわした。

2位宮城、3位は東京、以下群馬、鹿児島、福岡、兵庫、長崎までが8位入賞した。

 

正月の第91回箱根駅伝、5区で驚異的な走りを見せ3代目「山の神」と呼ばれる神野大地(青学大)擁する愛知は、1区でたすきをつなげず失格扱いとなった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内