地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > PR > 広島ドラゴンフライズの快進撃をバックアップ!飛翔会グループ!!
2015年02月04日
編集部編集部

広島ドラゴンフライズの快進撃をバックアップ!飛翔会グループ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広島ドラゴンフライズと寛田先生
  • フューチャープレイヤーサッカースクール広島

  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

広島ドラゴンフライズをバックアップする医療法人社団 飛翔会の寛田司理事長(右端)

 

昨年10月、男子バスケットボールリーグのNBLに参戦した広島ドラゴンフライズが快進撃を続けている。

広島ドラゴンフライズ選手入場
広島ドラゴンフライズはNBL参戦1年目で早くも広島スポーツの顔になりつつある

広島ドラゴンフライズ
身長2メートルを超える選手たちのぶつかり合いと、超人的なスピードで相手ゴールに迫るプレーの数々は迫力満点、魅力満載…、だがその分、選手は常にケガや故障の危険性と向き合っている

高橋トレーナーと坂田選手
試合前、メディカルトレーナーの森田さんとともに準備を続ける大卒新人の坂田選手

 

広島ドラゴンフライズは6チームで争うNBLウエスタンカンファレンスで3位をキープ。チーム誕生当初から掲げていた「NBL1年目で上位3チームに入り、プレーオフ進出」の夢も手の届くところまで来ている。

佐古賢一ヘッドコーチ
NBL参入1年目で上位チームに食い込みプレーオフ進出を狙う広島ドラゴンフライズの佐古賢一ヘッドコーチ(左端)

 

しかしこの先、相手のマークもさらに厳しくなることが予想され、またプレーオフ進出を巡る戦いは5月のゴールデンウィークまでの長丁場となる。大卒新人など、経験の浅い選手を多く抱えることで、長期戦で思わぬアクシデント…、ということにもなりかねない。

そんなチームを発足当初から支えているのが、整形外科クリニック、介護施設、フィットネスクラブ等を運営する飛翔会グループだ。医療法人社団 飛翔会の寛田司理事長とグループのスタッフが、練習場や試合会場に出向き、選手の動きに目を光らせる。

寛田先生
コートのそばで選手の小さな変化も見逃さない

寛田先生と平尾選手
ハーフタイムにチームの司令塔#25平尾選手に声をかける寛田理事長

広島ドラゴンフライズハーフタイム
ハーフタイムにベンチに戻ってきた坂田選手にマッサージを行う森田さん、その右は飛翔会グループのケアウイング曙トレーニングセンターでフィジカルコーチを担当している高橋さん

 

時には選手に声をかけてコミュニケーションを図り、話の内容からでも選手のコンディションの把握に努め、いち早く効果的なケアやケガの防止に全力で取り組む。

もちろん、激しいコンタクトスポーツにケガはつきもの。しかし、広島ドラゴンフライズは新人からベテラン、外国人選手まで、いまだに長期戦線離脱したケースは皆無に等しい。

ミスターバスケットボールと呼ばれる佐古賢一ヘッドコーチのもと、毎試合にすべてをぶつけて限界ギリギリのパフォーマンスを見せる広島ドラゴンフライズの選手たちを後方支援する寛田司理事長とスタッフも、プレーオフ進出に向け、気の抜けない戦いの日々が続いている。

寛田司理事長の話

飛翔会グループは、Jリーグのサンフレッチェ広島、今季からなでしこリーグ2部に挑むアンジュヴィオレ広島の他、さまざまな競技団体の支援をさせていただいています。

広島ドラゴンフライズも基本的には他の競技団体と同じスタンスです。ただ、できたばかりのチームだけに“1年生”も多く、まだ経験の浅い選手にいきなり「プロとしてしっかり練習、試合に臨んで欲しい」と伝えても難しい面もあるでしょう。

私たちの仕事は、佐古賢一ヘッドコーチが選手に伝えようとしていることをしっかり聞き、また理解して、ヘッドコーチの考えと選手の動きや考え方がうまく融合するようにサポートすることです。

例えば、なぜ夜は宿舎に早目に戻らなければいけないか、そうしないことでフィジカル的にどんなデメリットがあるか、そして試合で100パーセントのパフォーマンスを発揮するためにはどうあるべきなのか。普段のコンディションが仮に50パーセントなら、試合で100パーセントの力を発揮できるはずないのですから…。

スタッフの高橋は、メジャーリーグやNBAのトップアスリートが通うアスリートパフォーマンス(AP)の教育プログラム全課程を修了しています。

また、森田は以前よりトッププロチームの専属トレーナー(理学療法士)として研鑽を積み、APの理学療法士のプログラムを学習しています。

個々の選手における弱点の克服や、スポーツ障害の起こらないバランスのいい選手の育成をお手伝いすることで、プレーオフ目指して熱戦が続く広島ドラゴンフライズを全力で応援していきたいと考えています。

 

寛田先生

寛田 司(かんだ・つかさ)・医療法人社団 飛翔会 理事長・寛田クリニック 院長
・日本整形外科学会認定医
・日本リハビリテーション学会臨床認定医
・日本医師会認定健康スポーツ医
・日本体育協会公認スポーツドクター
・広島県スポーツドクター協会委員
・広島県医師会スポーツ医学会委員
・広島県体育協会医科学委員
・広島県サッカー協会医事副委員長 評議委員
・サンフレッチェ広島FC チームドクター
・アンジュヴィオレ広島 チームドクター
・広島ドラゴンフライズ チームドクター
・1991ユニバーシアードシェフィールド大会 サッカー日本代表チームドクター

 

森田さん

森田 憲吾(もりた けんご)飛翔会グループのメディカルトレーナーとして活躍中。硬式野球の三菱重工広島や女子ホッケーのコカ・コーラウエストレッドスパークスを担当後、チームスタートと同時に広島ドラゴンフライズを担当。試合や練習の無い日は、ケアウイング曙で広島ドラゴンフライズの選手のケアを行う。
・理学療法士

高橋さん

高橋 大輔(たかはし・だいすけ)飛翔会グループのケアウイング曙(広島市東区曙5丁目3-31)トレーニングセンターで、フィジカルコーチを担当。アスリートパフォーマンス教育プログラム全課程修了。
・adidasパフォーマンスマスタートレーナー
・健康運動指導士

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

  • 8

    banner_splace

有料メルマガ配信案内