地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島の紅白戦、あわや連発…の新井貴浩にスタンドから大歓声
2015年02月14日
編集部編集部

広島の紅白戦、あわや連発…の新井貴浩にスタンドから大歓声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新井貴浩
  • フューチャープレイヤーサッカースクール広島

  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

広島はキャンプ3度目となる紅白戦を2月14日、日南・天福球場で行った。

紅組先発の大瀬良は2回を投げ無安打1四球2三振。球に力があり、昨年の新人王右腕に2年目のジンクスの心配はなさそうだ。

白組先発の野村祐輔も初回は13球で3者凡退。二回も先頭のグスマンを簡単に打ちとった。しかし好投する右腕の前に古巣復帰でレギュラー奪取に燃える新井貴浩立ちはだかった。

二回、ボールカウント1-2と追い込まれながらもストレートを完璧にとらえ、左中間フェンスを楽々越える先制大アーチ。

新井は四回の第2打席でも今村からあわや2打席連発となる強烈な打球…、ラインドライブがかかって左翼金網を直撃する二塁打となり、そのあと二ゴロで三塁からイッキに本塁を陥れる好走塁も見せスタンドを埋めたファンから何度も歓声があがった。

「初めての実戦で思ったより体が反応しました。たくさんの応援をもらってほんとうに嬉しかったです」

天福球場スタンド2015年2月14日
ぎっしり埋まったスタンドから何度も歓声があがった

ファーストのポジションを争うグスマンは三ゴロと左翼フェンス直撃二塁打、昨季、四番を打ったエルドレッドは見逃し三振と中前打、サードのポジションを争う堂林は投ゴロ併殺打とシングルヒット2本だった。

また、ドラフト1位の野間峻祥が永川から見事な右中間二塁打を放ち、ライトのポジションを野間と争う鈴木誠也も4の2打点2と気を吐いた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

  • 8

    banner_splace

有料メルマガ配信案内