地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 首位戦線の広島に暗雲、黒田博樹が神経系の痛みで出場登録抹消
2016年05月08日
編集部編集部

首位戦線の広島に暗雲、黒田博樹が神経系の痛みで出場登録抹消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田博樹
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

広島の黒田博樹が5月8日、出場登録を抹消された。7日のDeNA戦(マツダ)に先発して4回78球を投げたところで3-3のスコアだったにもかかわらず降板。故障が危惧されていたが、恐れていたことが現実となった。

傷病名は頚部神経根症とそれに伴う右肩付近の痺れや痛み。黒田は米大リーグ、ドジャース時代の2009年8月、頭部に打球を受けた際の衝撃により、以来頸部の痺れや痛みが引かなくなり、ケアによって症状を抑えながらマウンドに上がっている。

気候や身体の状態、疲労蓄積などにより痛みが顕在化する傾向にある。また投球フォームやそのバランスによっても日々、患部の状況は変わってくる。

黒田としてはこの古傷と向かい合いながら、広島復帰後も着々と数字を積み重ね日米通算200勝へもあと3勝…。しかし前田健太のメジャー挑戦でその右腕にかかる負担は増し、今季6試合に投げ4勝1敗、防御率もセ・リーグ第6位の2・54という好成績ながら一時、”小休止”を余儀なくされた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内