地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 平和だからサッカーができる、応援もできる、笑顔になれる、サンフレッチェ広島初の8月6日ホームゲーム開催「One World. One Ball. One Peace.」
2016年08月03日
編集部編集部

平和だからサッカーができる、応援もできる、笑顔になれる、サンフレッチェ広島初の8月6日ホームゲーム開催「One World. One Ball. One Peace.」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
献花 サンフレッチェ広島
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

2015年の優勝パレードを前に原爆慰霊碑を訪れ献花した左から森保監督、久保会長、織田社長

 

平和だからサッカーができる、応援もできる、笑顔になれる、サンフレッチェ広島初の8月6日ホームゲーム開催「One World. One Ball. One Peace.スポーツができる平和に感謝」

 

サンフレッチェ広島では、被爆71年にあたり「One World. One Ball. One Peace.スポーツができる平和に感謝」というスローガンのもと、広く県民・市民・サポーターに向けて、平和な世の中の大切さと、スポーツを通じての交流の広がり、広島スポーツが世界平和とかかわる意味や意義などについて、それそれの思いを深めていこうという取り組みを行う。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第7節、名古屋グランパスとのホームゲームが初めて8月6日に開催されることに合わせて企画された。広島市安佐南区のエディオンスタジアム広島、キックオフは午後7時。

この試合に合わせて、平和を発信するイベントの一環として、「平和祈念ブース」を出展する。エディオンスタジアム広島おまつり広場で午後2時30分からキックオフまで。

ブースの展示内容は次のとおり。

1)「折鶴」コーナー
限定デザインの用紙で、みんなで折鶴を折って後日、平和記念公園「原爆の子の像」に捧げる。折鶴は記念に持ち帰ることもできる。その場でスタッフが千羽鶴の糸通しも行う。折り紙の数に限りがあるため、無くなり次第終了。

2)「産業奨励館・原爆ドームのカラーモデル」展示
安田女子大学において、昨年より取り組んでいる産業奨励館・原爆ドームの3Dモデル制作プロジェクトで、被爆71年にあたる今年の制作「カラー精細モデル」の展示をう。(協力:安田女子大学家政学部造形デザイン学科・染岡ゼミ)

3)「オバマ大統領広島メッセージ訳詩パネル」展示
5月27日に広島を訪問した、オバマ米大統領が述べたスピーチを安田女子大学日本文学科の学生が訳した詩をパネルにして展示する。(協力:安田女子大学文学部日本文学科・川岸ゼミ)

6)「氷の彫刻」展示
氷で平和の象徴である「鳩」を彫刻し展示する。(協力:己斐製氷株式会社)
また、サンフレッチェ広島では、JICA中国の協力の下、日頃からサッカー(スポーツ)を通じた国際交流・国際支援活動に協力してきており「なんとかしなきゃ!プロジェクト※」国際親善大使として、クラブOBの中島浩司氏をコートジボワールに続いて、今年はエチオピアに派遣した。

そうした中、8回目の実施となるJICAとの共同イベントを、今年は8月6日に合わせて開催することになった。同じく「One World. One Ball. One Peace.スポーツができる平和に感謝」というスローガンとロゴを用いて、サッカーを通じての平和を祈念・発信する。

サンフレッチェ広島 8・6

サンフレッチェ広島×JICA Peaceイベントは、同おまつり広場(場外)で午後3時から午後7時まで。パフォーマンスステージでは、国際親善大使の中島浩司氏と青年海外協力隊によるエチオピア活動トークステージがある。またJICAブースでは、国際親善大使・中島浩司氏のエチオピア活動写真展、世界の青年海外協力隊スポーツ活動写真展、青年海外協力隊による世界の原爆展の写真展が行われる。

※「なんとかしなきゃ!プロジェクト」とは、国際協力の支援や参加の輪を広げるため、
国際協力NGOセンター(JANIC)、国連開発計画(UNDP)、国際協力機構(JICA)の3者が実行委員会となり結成された国際協力を行う市民団体、国際機関、政府機関、企業、地方自治体、教育機関などのマルチアクターが参加する国内最大級の市民参加型プロジェクト。
http://nantokashinakya.jp/

問い合わせ先はJICA中国 市民参加協力課、電話(082)421-6305

さらに、サンフレッチェ広島では、この日の名古屋グランパス戦のハーフタイム~から試合終了後にかけて「祈りの光」を点灯させる。

太田川の流れが6つの川に分かれ広島を育んできたことを踏まえて、6本の光のアーチに託した鎮魂の想いを「スポーツができる平和に感謝」しながら、エディオンスタジアム広島から原爆ドームのある広島市中心部へ届ける。

6本の光は過去と現在と未来を繋ぐ希望の光として試合終了後もしばらくの間、点灯される予定。同時にメインスタンド側正面スロープの両側も、平和と鎮魂の思いを込めてライトアップされる。

「平和祈念ブース」と「祈りの光」に関する問い合わせは、株式会社サンフレッチェ広島 電話(082)233-3233

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内