地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ジュニア・生涯スポーツ > リオ銀メダルの「最強の4人」山縣亮太を輩出した広島の風土を為末大が語る(1)
2016年08月21日
編集部編集部

リオ銀メダルの「最強の4人」山縣亮太を輩出した広島の風土を為末大が語る(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
為末大
  • フューチャープレイヤーサッカースクール広島

  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

旧広島市民球場跡地で開催されたイベントで子どもたちを指導する為末さん

 

広島市西区出身で修道中・修道高卒の山縣亮太選手が見事、リオ五輪で銀メダルを獲得しました。

山縣選手がジュニア時代に通った広島ジュニアオリンピアクラブ(現在は特定非営利活動法人オリンピアプラス)の卒団生でもある世界陸上銅メダリストの為末大さんに、ひろスポ!では2014年3月「ひろスポ!開設記念」インタビューを行っています。

今回は山縣選手の偉業を記念して、為末さんのインタビューを再掲載し、世界最速を目指す風土がなぜ広島にはあるのか、についてもう一度探ってみたいと思います。

侍ハードラー、広島の真ん中で広島を語る(為末大、ひろスポ!開設記念特別インタビュー#1)2014年3月31日掲載

ふるさと、広島から世界を目指す

―本日はお忙しい中、ありがとうございます。こうして、紙屋町交差点近くのカフェでお話をおうかがいする機会に恵まれたことを嬉しく思います。

為末さんは、著書やツイッターなど、いろいろなツールを使って様々な情報を発信されています。そこで「ひろスポ!」ではまさにこの「広島」にスポットを当ててみたいと思います。為末さんにとって「ふるさと広島」はどのような存在なのでしょうか?

為末 まずは「ひろスポ!」スタート、おめでとうございます。やっぱり広島は原点ですからね。原点はふたつもないじゃないですか。そういう意味では僕にとって非常に大きなものなんですね。

じゃあ、広島がどういう場所なのか?そして広島人ってどんな人間なんだってことは、分かっているようでなかなか分かってないような気もするんです。

ひとつ目はよく言われることで海と山がある、そういうバックグラウンドですよね。そしてもうひとつはやはり原爆、人類初の被爆都市であるということですね。僕もおばあちゃんが被爆しているから3世なんです。

競技人生と広島人気質と…

競技をやっていく上ではやはり僕の中の広島人気質というか、強いものに挑んでいく時の興奮っていうものがあって、それに似た感覚は広島人にはみんなあるんじゃないかな、と…。まあ、このことはカープにそのまま投影されていますよね。

僕自身、やっぱりチャレンジをしたり、不利だと言われているものに挑んでいくのがすごく楽しかったし、面白かったんです。

それで、もし勝ったらみんながビックリするだろうな、という時には特に興奮していました。ほかの日本人選手と比べても、そういう部分は強かったなという気がします。たぶん、広島の空気の影響だと思います。

一方で弱かったのはチャンピオンを守り続けるとか、維持するということ。僕もそうですし、広島人ってあんまりそういうのは得意な方ではないんじゃないかなと…。

僕はアメリカに30歳の時に行って、3年間住んでいたんですけど、そこで改めて自分のアイデンティティーの中ですごく強いんだな、と感じることがふたつありました。

自分のアイデンティティーを形成する広島の力

「広島生まれであること」と「スポーツをやって知られていること」、このふたつは、自分が引退した後、すごく大きな武器になるんじゃないかなという思いはありました。

仮に「そんなことは関係ないよ」という風に生きて行こうとしても、18歳まで広島にどっぷりつかってかなり染まっちゃっていますからね。このアイデンティティーはもうちょっと前面に出してもいいんじゃないかなって、競技をやりながらそう感じていましたね。

 

為末大(ためすえ・だい)
1978年5月3日生まれ、広島市佐伯区五日市出身。五日市中学2年生で15歳の時に、100メートルジュニアオリンピック記録を更新。広島皆実高校2年時に100メートルで同級生に勝てなくなりハードルへの道を模索するようになる。法政大学に進学し、20歳の時に大学選手権400メートルハードルで優勝。22歳でシドニー五輪に出場するが予選敗退。大学に残り、23歳で挑んだ2001年世界陸上エドモントン大会で日本人選手トラック競技初のメダルとなる銅メダルを獲得。大阪ガスに就職するが、2004年にプロ選手に転向。翌2005年、世界陸上ヘルシンキ大会でも銅メダル。オリンピックも2004年アテネ、2008年北京と3大会連続で出場。「侍ハードラー」の呼び名で長らく日本陸上界をけん引し、2012年に34歳で引退。「諦める力」(プレジデント社)ほか著書多数。現在は株式会社侍で「為末大学」(http://tamesue.jp/)を主催。学校体育、社会体育などの場で「走ること」などを通じ、スポーツの普及・振興に務めている。ツイッターのフォロワー数が20万人を超えており、その発信力は常に注目されている。

2016年8月時点での最新情報

為末大学ランニング部がリニューア、『TRAC』へ 為末大学ランニング部として小学校生向けに開講していたかけっこ教室が『TRAC』に名称変更。「走るという行為を通じて、姿勢を覚え、自信を持ち、人生に核ができる。自分はできるんだという自信を持って生きていけることは、すべてによい影響を与えると私たちは信じています」(為末)

TRAC
http://trac.tokyo/

新刊『限界の正体-自分の見えない檻から抜け出す法』についてのインタビュー記事
https://cakes.mu/series/3719

『限界の正体-自分の見えない檻から抜け出す法』Amazon購入ページ
http://goo.gl/oPQNOM

「瞬間の興奮」の価値揺るがすドーピングhttp://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/column/tamesue/news/1695663.html

選手村で彼らは自分とどう向き合ったのかhttp://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/column/tamesue/news/1693522.html

なぜケニア人はあんなに速いのか
http://tamesue.jp/blog/archives/think/8932

日刊スポーツ連載中コラム http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/column/tamesue/

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

  • 8

    banner_splace

有料メルマガ配信案内