地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > ちゃこのVプレミアレポート!故障者続出のJTサンダーズ、地元ファンとカープ堂林選手の声援届かず3連敗…
2016年11月27日
ちゃこちゃこ

ちゃこのVプレミアレポート!故障者続出のJTサンダーズ、地元ファンとカープ堂林選手の声援届かず3連敗…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JTサンダーズ
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

2016-17 Vプレミアリーグ男子、第2レグ 第1戦・ジェイテクト戦(11月26日・土曜日 、広島県・東広島運動公園体育館)

JTサンダーズ・ホームゲーム。

第1レグ、大きく負け越し、出遅れた感じが強いJTサンダーズ。広島という土地は、そこに居る時は、こじんまりとして、とりあえず何でもあっていいのかもしれないが、とかく「移動」となると“中途半端”感がハンパない。

広島をホームにする、ということは、程良い地域密着を体感できることと引き替えに、移動にかかるリスクやストレスも抱えることになる。第1レグは移動距離が長く、負担が大きかったことだろう。

第1レグ 初戦の、大阪から帰広途中、高速道のSAで、「JTサンダーズ バス」と一緒になり、「私らと同じように、高速移動かあ。大変だなあ」と思った。

JTサンダーズ

後から、選手のブログで知ったが、バスの中は、ガタイの大きいバレー選手を乗せる(“小さい”と言われる選手でも、170cm超え。“フツー”のレベルが違うのだ)特別仕様で、座席も大きく、wi-fi完備で、結構快適らしい。

新外国人のルブリッチが合流したのが開幕3日前、とのこと。「連携プレーの確認などが不十分」とビスコ監督も言っていた。

「(地元滞在の間に)連携プレーの確認をする」と臨んだ、地元開幕戦。例によって、開場前に、既に入場待ちの長い列。これが広島特有だとは遠征観戦を始めるまで知らなかった。

今日の観戦は、SS席!かぶりつき!ヤバ過ぎな距離!タイムアウト時には、ビスコ監督の指示内容が丸聞こえ!疲れた八子くんの肩が叩けそうな距離!(笑)

JTサンダーズ

声援と、コート上の選手の気合が完全合致した第1セット。25-15の圧勝!JTのいい面が『ギュッ』と凝縮されたセットだった。

第2セットから、あれ?さっきの雰囲気はどこへ行ったの?という感じだったけど。

試合開始前から、「あれ?」て思う不安材料はそこここにあった。

開幕戦からずっとMBスタメンだった中島健太がベンチ外。代わりに故障明けのベテランMB町野が登録。越川の対角を担っていたWS安井が、今日は「リベロ登録」(これは、八子に何かあった時にも安井は出られない、ということと、唐川がダメだった時に代わりのリベロは居ない、という二重の意味で、意味深)。

「故障者が多く、万全の状態で練習が出来て居ないことはあるが、それを言い訳にはしない」と言ったビスコ監督。

…そうだけど。そうだけど。でもかなりヤバイ感じ。

結果、今日の試合は、

25-15
25-27
22-25
19-25

セットカウント1-3で逆転負け。…ポイント0。痛い…痛い…敗戦。

JTサンダーズ
セッカウント1-3で終了…

この地元、グリーンな観客席も、圧力なんだろか?

…いやいや。第1セットの、コートと観客席の一体感はニセモノではない。でも、これで「勝てない」のは、…マジ、ツライ。私たちも。多分、選手も。

試合後のホームゲーム特典のサインボール投げ込みで、セッター深津さんから「応援ありがとうございました」とサインボール手渡ししてもらったくらい、私たちの声は、コートに届いていた。

何が悪かったのか。

悪かったことを上げると、多分ポーズがお臍を見る感じになっちゃう。(下向き)

とりあえず、良かったことを探してみよう。

町野さんが復帰出来たのは良かった!4セット全部出れなかったのはまだ痛い。町野さんは、ブロックだけでなくて、フォローレシーブ・特に二段トスが上手い!

八子くんのサーブは今日も凄かった!エースもあった!4セット全部出れなくて、第4セット途中から吉岡くんに代わらないといけないくらい足がつっていたのは、痛かった…。

唐川くんのサーブレシーブもディグ(スパイクレシーブ)も集中していて良かった。第3セットくらいから次第にその存在感が無くなったことは今後の課題だが…。

越川さんのスパイク、今日は良く打っていた。腰、少し良くなったんじゃね。良かった。サービスエースもあった!

ルブリッチも第1セットは飛ばしていた。後半は少しバテ気味だったか。

今シーズンは、MB筧本がいい、と思ってる。シーズン初戦の時もそう思ったけど。インターネット観戦の時って、得点シーンばっかり見てる感じだけど、生観戦だと、雰囲気も良くわかる。筧本がいいのは、声を良く出していることもあるが、一見地味に見えるプレーに手抜きをしないとこだと思う。

例えば、ブロックのワンタッチ。ラリーの最中のブロックワンタッチ。攻撃の囮に本気出して飛ぶかどうか。ネット下のフォローに足でも頭でも出して行くかどうか。引き比べて言うと、なぜ筧本以外はダメか、ということに通じる。

体格こそ198cmと恵まれているが、決して起用ではなく、無骨な感じの筧本。彼の真面目なワンプレーに、何度も感激した。特に!筧本がサーブレシーブをして!(ふだん、MBはあまりしません。つうか、ほとんどしません。)打つぞ!と本気で飛んで!相手ブロックが全て彼に付いて、彼の後ろ側から越川さんが出て、パイプがキレイに決まった瞬間は、脳内『ブラボ!』状態だった!

ルブリッチが、これだけの地元観客席の前でも、笑顔も無く、声も発せず、頬も少し欠けた感じなのが、大変気になっちゃう。メンタル、フォローしてあげて!

新米コーチ・菅さんとビスコ監督がまだ昨シーズンまでの徳さんとの『ツーカー』コンビになっていないベンチの中。疲れた選手に、優しく、タオルマフラーをそっと掛けてくれていた栗生澤GMに感動した!あの、栗生澤さんが!ですから!

頑張れ!JTサンダーズ!
次の生観戦は、12/10.11の大阪です。
ちゃこ

追記:始球式には、広島東洋カープの堂林が登場!バレーを理解してなくて、スティックバルーンの使い方から説明されてました…。奥様と赤ちゃんが来てからは、試合そっちのけ…。しかも、ムッチリしているのは、肩幅…だけではなくて、腹もか?ヤバくない?

堂林

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内