地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > ちゃこのVプレミアレポート!女子プレミア入れ替え戦組”総崩れ”でもJTサンダーズはセットカウント3-0の勝利!で残留決めました
2017年03月12日
編集部編集部

ちゃこのVプレミアレポート!女子プレミア入れ替え戦組”総崩れ”でもJTサンダーズはセットカウント3-0の勝利!で残留決めました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JT チャレマ
  • フューチャープレイヤーサッカースクール広島

  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

2016-17 Vプレミアリーグ男子、チャレンジマッチ神奈川大会第2日・富士通カワサキレッドスピリッツ戦(3月12日・日曜日 、神奈川県大和市・大和スポーツセンター)

 

対戦相手は、チャレンジリーグI     2位の  富士通カワサキレッドスピリッツ。

やはり、町野さんの姿はなく…。ベンチ入りメンバーも昨日と全く同じ。

女子の試合が終わってから、男子の試合をやる方式なので、前日も随分と待った…。
JTサンダースの登場は、第3試合。

今日は、なんと!
第1試合の、プレミア7位「岡山シーガルス」がチャレンジI  2位の「上尾メディックス」に0-3で敗れる大波乱。岡山は、昨日は3-1で勝ったにも関わらず、今日の試合結果で、チャレンジリーグに降格となった。

しかも!
第2試合の、プレミア8位「PFUブルーキャッツ」も、チャレンジリーグI  1位の「デンソーエアリービーズ」に0-3負け。PFUは昨日も2-3で敗戦しているので、こちらも降格。

会場が異様なムードだった。嫌な感じ。

この雰囲気に呑まれなればいいな、と、心配…。私が心配しても仕方ないけど。

JT チャレマ
いよいよ大事な試合開始…

試合結果は、
25-18
25-18
25-21
セットカウント3-0で、勝利。プレミアリーグ入れ替え戦を乗り越え、残留が決まりました。

スターティングメンバーは、
WS:越川、吉岡
MB:筧本、中島
S:深津
OP:ルブリッチ
L:唐川
1日目のスタメンと全く同じ。

昨日の勝利で安穏としてはいけない、ということは、2日間の短期決戦だからこそ、良く理解していたのだと思う。この日の試合開始前も、前日程の過度な緊張感はなかったものの、適度にピリリとしていた。

前日は、センター線が生きていなくて、越川さんのマークがキツかった。つうか、中川が越川さんとマッチングしてマークしてた。この日は第1セットからセンター線を使ったので、囮が良く効いていた。マジ飛びの筧本さんにブロックが付いて、ブロックが約1.5枚になってアタックが決まった時には、打った人ではないけど、「トイさん!ナイス!︎」と声を掛けてしまった。

第1戦でやられた、緩急つけるサーブにも、緩く前に落とす時にはMBがサーブレシーブする、と決めてあったようで、MB中島、筧本が対応できていた。そうなると、「なんとなく」前か、ちょっと強く、か、くらいでは通用しなくなり、相手が更に細かくコースを狙わなければならず、結果、相手のサーブミスが増えた(前を狙い過ぎてネットに掛ける。勢い良く打ち過ぎてエンドラインを割る。)

逆に、こちらは、ルーベはジャンプフローターに徹し、深津のジャンプフローター、筧本の無回転サーブがとても有効。中島、吉岡もサーブトスが合わない時は丁寧にコースをつき、先にミスをしないことが徹底してた。もっとブロックしっかり!と思う場面もあったけど。

JT チャレマ
2セット連取のあとビスコ監督の支持を受ける選手たち

第3セット、相手にリードを許した時は「またか?」と思ったけど、踏み止まって、再逆転。そう!このメンタルが欲しかった!

声を掛けあって、か、または役割をキチンと決めて、繋ぎをしっかりすることで、初戦の第1セットの時のような、「粘り負けしない」JTサンダースになってた。

相手は、“純国産”チーム。とにかく繋いで、ハイボールもただのチャンボにせず打ってくる。粘り負け、は、厳禁。安易なチャンボも、厳禁。

先に終わった、女子の試合を見ていて、ブロックされた時の、ネット下のフォローレシーブのファーストタッチのきめ細やかさ、攻撃しきれなかった時のラストボールをどう考えてどこに返球するのか、ハイボールになった時の、ブロックに当ててリバウンドを処理して、体制を立て直して、も再度攻撃を仕掛けること、が、いかに大切か。改めて、再確認した。

それでも、今日も、L唐川とOPルーベがお見合いする場面があった。前の日にはちゃんと注意せんかったんかい?と、マジ怒りモードになってしまった。そして、どうしてそこで、L唐川は謝らんのかな?態度デカ。自分から謝ったら何か損することがあるんかな?ルーベに下を向かせる意味がどこにあるかな?!

試合後に、久しぶりに、ルーベの笑顔を見た。いつ振りかな。急に来日して、頑張ってくれたこの若い彼に、どんだけ負担を掛けていたのかを思うと苦しくなる。

彼を生かすためのトスは、どうあればいいのか。まだ若いから器用さには欠けるのかもしれないが、能力は高い。一生懸命。これまでJTに居た、ベテラン助っ人とはちと違う。
前日とこの試合のルーベは、この試合の方が更に難しそうだった。…いや、ちょっとニュアンスが違うな。前日のルーベはそも打ててなくて、フェイントを多用していた。この試合は、ルーベの踏み込みに対してトスが少し後ろになっていて、サイドから見ていて、少し反り返るように打っていた。トスが前のめりになるのを見越して、踏み込み過ぎてるのかと思った。

でも、前衛の時の彼はそれでも決めれるみたい。問題はバックアタック。トスの精度にムラがあると、上手く合わせられないので、そういうことになるんだろうな。来年度、どうなるか、心配だけど、楽しみ。

勝って、ようやく「来年度」を考えられるようになった。
素直に嬉しい。

ゴールデンウィークには、黒鷲旗がある。
越川さんと一緒に、有終の美を飾りたい。

笑ってシーズン終われるように!

頑張れ!
JTサンダーズ!

(ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

有料メルマガ配信案内