地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 3年前「挑戦するために広島に来た」佐古ヘッドコーチと広島ドラゴンフライズ、B1昇格を懸け熊本ヴォルターズとかく戦う(1)
2017年04月27日
編集部編集部

3年前「挑戦するために広島に来た」佐古ヘッドコーチと広島ドラゴンフライズ、B1昇格を懸け熊本ヴォルターズとかく戦う(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐古賢一ヘッドコーチ
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

後ろ姿は選手の動きを見守る佐古賢一ヘッドコーチ(トップ画像説明)

 

広島ドラゴンフライズの、B.LEAGUE 元年の戦いが正念場を迎える。

B2合計18チチームの4強で争うプレーオフ。広島ドラゴンフライズの所属するB2西地区はすでに地区優勝した島根スサノオマジックがプレーオフ進出を決めた。

西地区2位を死守している広島ドラゴンフライズがプレーオフを確定させるためには、今週末に熊本である熊本ヴォルターズ戦に2連戦する必要がある。もし2連敗すれば3位熊本ヴォルターズに逆にプレーオフの芽が出てくる。

プレーオフに進まなければ、次のシーズンもまたB2だ。

広島ドラゴンフライズは2014年4月7日に実質的なスタートを切った。

ゼロから作り上げるチームに初めて大卒、もしくは在学中の選手5人揃っての会見がその日、開かれた。

広島ドラゴンフライズ

上記、当時の写真で見るメンバーの4人、左から坂田央、ひとりおいて田中成手、北川弘、岡崎修司は今週末のアウェー戦、B1昇格への難関、熊本ヴォルターズ戦に備えて調整を続けている。(左から2人目の柳川龍之介はB1の仙台89ERSに在籍)

坂田、北川、岡崎の3選手は当時はまだ練習生という立場だった。

ひろスポ!関連記事
広島ドラゴンフライズ、新人5選手が入団会見(5選手横顔詳細)
hirospo.com/pickup/649.html

その2カ月後に佐古賢一ヘッドコーチの就任が決まった。選択肢はいくつもあったのに、なぜ広島にやってくることを決めたのか?それは「広島に誕生した新チームと自分の歴史を重ね合わせる」ためだった。

ひろスポ!関連記事
人生が終わるまでにどうしてもバスケットボール日本代表を五輪へ!佐古賢一ヘッドコーチ、広島着任会見
hirospo.com/pickup/3460.html

 

それからチームは3度のシーズンを戦ってきた。

コート外では2015年の夏に「新リーグ1部階層分けならず」という大きな出来事も経験した。

ひろスポ!関連記事
大ショック!広島ドラゴンフライズは新リーグ1部参入ならず、2部からのスタート
hirospo.com/pickup/20919.html

現場を預かる佐古ヘッドコーチ自身も、B.LEAGUE B2での挑戦にはもう一度熟考を重ねたようだ。そして昨年7月、「自分の歴史を重ね合わせる」チャレンジがリスタートした。

ひろスポ!関連記事
広島ドラゴンフライズ、佐古賢一ヘッドコーチとの契約延長を発表
hirospo.com/pickup/30416.html

 

プロ野球、Jリーグに続く、広島の新たなプロスポーツの黎明期。小学生、中学生の競技人口が多いバスケは近い将来、大きく花開く。広島に蒔かれたタネをみんなで、どんなふうに育てていくのか?

チームは水曜、木曜に広島市内で練習を終えた。金曜には 熊本に入り最終調整を行う。

広島のスポーツの歴史が、またひとつ大きく動き出す。

広島ドラゴンフライズ
広島での練習メニューは順調に消化された

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内