地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > JTサンダーズ、大会連覇へ向け無傷でグループ戦突破!ちゃこの黒鷲旗レポート
2017年05月04日
ちゃこちゃこ

JTサンダーズ、大会連覇へ向け無傷でグループ戦突破!ちゃこの黒鷲旗レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JT 黒鷲旗
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

第66回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会第3日目、グループ戦s(大阪市中央体育館、5月4日)

 

この日の試合でグループ戦が終わり、明日からは決勝トーナメント。グループを1位通過すると、明日の初戦はグループAの2位との対戦になります。

対戦相手の豊田合成トレフェルサは、この黒鷲旗にイゴールを登録していません。アンディッシュ監督は昨年も、契約期間外とのことで帰国しており、指揮を執りません。負けられませんよね!(怒り!)

試合結果は、
25-23
25-23
25-19
セットカウント3-0
で、勝利しました。

スタメンは、
WS:越川、山本将平
MB:筧本、中島
S:深津
OP:ルブリッチ
L:井上航

他のコートのプレミアチームは、明日からのトーナメント(連戦)を考えて、メンバーを落としたりしていました。が、JTサンダーズは、このスタメンでの調整を重視して、3セット戦いました。

セッター深津には、明確な指示が出ていたのではないか、と思われました。越川さんの対角のWS山本将平が、サーブでも攻めて、バックアタックも打って、元気一杯!

センター線を上手く使って、WSの負担も減らし、ルーベには前衛にいる時に、気持ち良く打ってもらうことに徹してました。バックアタック本数(ルーベの)少なくしてた、と思う。MBのブロックとリベロ井上航の位置取りを確認しながら、試合進めてたと思う。

合成は、イゴールなしで、しかもセッターも若手を起用。MBも何故か傳田はお休みさせ、WSも高松をお休みさせてスタート。Lも古賀兄は全くアップもしてなくて、古賀弟が出てた。勝つ気がないのか、やる気がないのか、JT馬鹿にしてんのか。

大学生相手の時にも思ったけど、深津JTは相手の出方を伺いながら試合を進めるクセがあるのか、相手のレベルに関係なくシーソーゲームを展開してる感じがする。これは、流れを相手に渡してしまうと一気に行かれてしまうので、危険だ。

だが、常に試合形式での練習をして、流れを掴むようにしているので、練習で大事にしていることを発揮できれば、大丈夫。普段通り、を発揮するには、メンタルが安定する必要がある。今シーズンは、これが課題だった。

合成戦で感じたことは…

・WS山本将平が守備も攻撃も元気にやれてて、越川さんの負担が随分軽くなった。

・L井上航のサーブレシーブが安定してるのはわかってたけど、ディグが格段に良くなった。

・コンビがばっちり合ってなくても、センター線を地道に使うことが出来た。

・ルーベが、強烈で気持ち良くスパイクを打ててた。

・越川さんは表情も締まっていて、上手いプレーを連発。この大会でインドアのバレーを辞めるなんて…もったいないくらいだ。

…などなど、収穫がたくさんあり、グループ戦を1位通過出来ました。けっきょくグループ戦は1セットも失いませんでした。

決勝トーナメントは、初戦準々決勝でFC東京と対戦です。入れ替え戦に行くことになった最終戦の因縁の相手。でも、過剰に意識せず、今の実力を普通に出して欲しい。

頑張れ!JTサンダーズ!

(ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内