地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 黒鷲旗エンディングまで見届けた!ちゃこのJTサンダーズレポート特別編、「バレーボールの楽しさって…」とふと考えてみる
2017年05月21日
ちゃこちゃこ

黒鷲旗エンディングまで見届けた!ちゃこのJTサンダーズレポート特別編、「バレーボールの楽しさって…」とふと考えてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒鷲旗 2017
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

黒鷲旗、女子の試合も観戦、で、いろいろ考えたことは…

Vリーグは男子と女子は別会場別日程で開催ですし、決勝戦も別日なので、私は普段女子バレーを見ることがあまりないんです。広島ですから、昔から見てたのは、「専売広島」ですし。

チャレンジマッチは男女同会場開催ですし、女子の試合が終わらないと男子が始まらないので、結果として、見ることになるのですが。2回とも、「女子バレーの方が見てる人が多いなあ」という印象なんですよね。応援団も凄いし。

女子は、セッター竹下(カープ江草投手の奥さん)時代にメダルを取ったこともあり、競技人口もまずまず。プレミアチームとチャレンジリーグの入れ替わりも毎年のようになり、レベルの平均も上がっていると思うんです。(でも、今、大阪で開催中のFIVAクラブカップは、人が入ってないし、日本の2つのチームが、全然勝てないけど。ということは、世界基準じゃまだまだ、ということ。)

今回の黒鷲旗は、いつもと全く反対。

女子の方は指定席ガラガラ。自由席も男子側は立見が出てるのに、女子側はガラガラ。
何が起こっているのかというと、「石川くん・柳田くん」人気による過熱現象。

バレーボール協会と「月刊バレーボール」(バレーボールという競技を扱う定期雑誌が1種類しかない、という時点で、日本バレーボール終わってますよね)が特別扱い・スーパースター扱い・アイドル扱いするものだから、カメラを構え、プレゼントを持ち、サイン色紙を持った“にわか”バレーボールファンが急増。

特に男子バレーボールは弱くて話にならない(五輪出場権も世界選手権出場権も取れない。)ので、観客動員のためにも「スター」を作るのに躍起なのです。

人気が先行し、実力が伴わないので、勝てない全日本男子代表監督になる人が居なくて、迷走中。かつての全日本男子代表スター中垣内を監督にしたけど、人身事故を起こし、謹慎中のため、2020年に迫っている東京五輪メンバー選出もままならない。

古い協会の体制がガンだと思うけど。それには誰も突っ込まないんだなあ。

そも、バレーボールは「団体戦」なので、特定の誰かが凄くても、勝てるわけじゃないのです。

石川くんはまだ大学4年生だから、この黒鷲旗は「中央大学」として出場。現役大学生でありながら、イタリアプロリーグのチームに、2回も、“行かせてもらった”彼の実力は、確かに凄い。他のメンバーと比較すると飛び抜けて見えました。多分、今大学中退して何処かのチームに入ってもレギュラーでしょう。

でも彼のチームは「中央大学」だ。結果としては、グループ戦1勝2敗で、グループ戦敗退。それは、この先彼がどこにいこうと、1人でやっていくなら結果は変わらないのではないか、と思います。

越川さんが来て、JTサンダーズというチームに化学変化が起きたように。革命が起こらないと、全体は変わらない。

過熱した会場の、わー‼︎きゃー‼︎、という黄色い(…なぜに、赤い、ではなく、黄色い、というのでしょうか?でもイメージ的には合っている。ピンクの、でも合ってるけど、卑猥な感じだからダメなんですかね)歓声で、勝負の行方が分からなかったくらい。とにかく石川と柳田(サントリー)が何かすると、歓声‼︎だから。

でも、チャレンジリーグのVC長野トライデンツを破った、東海大学のバレーボールの方が、正直面白かったですね。東海大学の監督は、今大会からJTサンダーズ出身の小澤翔が勤めています。決して大きな選手ばかりではないんですが、ブロックに当てて攻撃を立て直す、繋ぐ意識が凄くて、フォローのファーストタッチを大切にしてるとことか、ビスコ体制が大事にしてることと一致してます。

ボールが繋がるから、面白い。

繋ぐバレーボールで定評のあるチームといえば、東レ男子です。まさにそれで、Vプレミア優勝したわけですが。

その東レカラーに合致してる助っ人ジョルジェフ・ニコラ。また28歳と若いですし、前任者のボヨビッチ・デヤンの推薦だと言ってたから、長期契約かと思ってたんだけど、2年目の今年で終わり、とのこと。

決勝トーナメント初戦に、監督、本人含む全員が、真っ赤なニコさんTシャツを着て登場したのにはビックリした!(オリジナルTシャツには慣れてるんですが、なんせバレーボールでは馴染みがない)

しかも会場客席にもそのTシャツ着た人が居て、男の人はニコさんそっくり!ご両親だったんです。本当にビックリ!ニコさんと東レチームとの良い関係性が垣間見えた気がしました。

JTサンダーズは、越川さんと最終日まで来ることができ、優勝で有終の美を飾ったことに感謝し、次の舞台へのエールも込めて、JTのCMの越川優選手特別バージョンを作成し、優勝の翌日から公開しています。

越川優選手を通して、バレーボールの楽しさを、もう一度見つめ直せて、最高でした!

来季からは、どんな新しいドラマが待っているんだろうか。

(ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内