地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > なぜ!?広島、2年連続優勝の礎築いた石井琢朗、河田雄祐両コーチの退団を発表
2017年10月05日
編集部編集部

なぜ!?広島、2年連続優勝の礎築いた石井琢朗、河田雄祐両コーチの退団を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
石井琢朗
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

クライマックスシリーズに向け練習するナインを見守る石井琢朗打撃コーチ(トップ画像)

広島は10月5日、石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)の今季終了後の退団を発表した。

広島のリーグ連覇は、先発、ブルペン陣のバランスの良さと、投手陣を強力にバックアップする走力、打力によって実現した。

その礎を築いたのがそれまでの内野守備・走塁コーチから打撃コーチに担当替えとなった石井打撃コーチと、2106年に古巣に復帰した河田コーチ、と言われている。

河田
河田雄祐外野守備走塁コーチ(右)

波留敏夫、佐伯貴弘、進藤達哉、谷繁元繁、そして石井琢朗らはみな同学年で2歳下に鈴木尚典。横浜(現DeNA)マシンガン打線の面々は互いに切磋琢磨して成長し、権藤博監督の1年目、1998年には「日本一」に上り詰める。

石井打撃コーチの頭の中では早くからその当時のイメージと菊池、丸、田中、安部らの姿が重なり、そして増幅し、それに伴って「ビッグレッドマシン」(広島・三村敏之元監督)をしのぐほどの「超ビッグレッドマシン」をセ界に送り込むことに成功!

西武仕込みの河田コーチも加わって「打って、走って」の「逆転の広島」はついに今季、球団最多となる736得点を記録した。

広島はマツダスタジアムでクライマックスシリーズに備えての練習を行っており、練習後の会見で退団理由などが語られる模様。

 

ひろスポ!おすすめ情報

なぜ、石井琢朗コーチは横浜マシンガン打線から超ビッグレッドマシンに移行することに成功したのか、なぜ広島を去ることになったのか…カープ秘話満載、毎日更新される携帯サイト「田辺一球広島魂」2000年10月スタート、全国の読者に支えられ17年間無休で”連載中”
スマホ版
ikkyuu-t.com 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内