地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > PR > 広島で人と企業と地域を繋ぐパールデンブルーム 今田恭生の「カープ&役者魂」twitter(11)~いろいろな出会い、撮影現場で学んだこと~
2017年10月19日
編集部編集部

広島で人と企業と地域を繋ぐパールデンブルーム 今田恭生の「カープ&役者魂」twitter(11)~いろいろな出会い、撮影現場で学んだこと~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パールデンブルーム
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

パールデンブルーム代表取締役 今田恭生

 

広島に生まれ、サラリーマン時代は大阪で暮らしました。その後、広島で家業の薬局を継ぎ、ある時ふとひらめいて大阪のプロダクションに通い始め、役者としても活動しています。そして2016年2月「人と企業と地域」のナイスマッチングを目指して有限会社パールデンブルームを立ち上げました。

パールデンブルーム代表取締役の今田恭生です。ご覧のとおり熱烈なカープファン、そして広島スポーツファンです。昭和53年の創業の今田薬局代表者も務めています。

パールデンブルーム
パールデンブルーム、オフィス

社名のパールデンブルームはオランダ語で「たんぽぽ」です。「たんぽぽ」のように仕事を求めるみなさんがその地域、その企業さんのもとへと飛んでいき、やがてそこに根づいて花を咲かせる。そんな相互の結びつきをサポートしていくことがこれからの我々の大きな夢、という訳です。

 

さて、私の役者としての活動は、新聞でたまたまオーディションがあるのを知って1次、2次審査を受けてと、ひょんなことからスタートしました。ちょうど3年前の10月のことです。

毎週1回、広島から大阪のプロダクションまで通い、講師の方の話を聞いたり、滑舌の練習をしたり、しきたりの勉強をしたり、学ぶことはいくらでもあります。

「眠り狂四郎」、「座頭市」の工藤堅太郎さんのお話も聞く機会に恵まれましたが、聞けば聞くほど「役者さん、たいへんな仕事だな」と…

私も映画のエキストラやインターネットCM、テレビ番組などにちょくちょく呼ばれてはいろいろな経験を重ねています。

2015年度下半期放送のNHK、連続テレビ小説「あさが来た」は連続テレビ 小説としては今世紀最高の視聴率を記録しましたが、私も実は出演しました。

朝7時30分スタジオ入り、着替えて9時から撮影開始、簡単なリハが3回くらいあって午後1時には終了しました。

今月も大阪が誇るエンタテインメント・エリア、中央区なんばにある笑いの殿堂・なんばグランド花月の地下に位置する「YES THEATER」にて、一昨日17日まで「だんじり囃子」に出演しておりました。

パールデンブルーム
「だんじり囃子」チラシです、下段右から二人目が私です

いろいろな場所で、いろいろは人に会える。モノ作りの現場が見たくてオーディションを受けて本当に良かった、と思っています。

そして、大阪も素晴らしいところですが、広島はコンパクトな街中にいろいろなものがぎっしりと詰まり、スポーツも盛んで本当にいいところです。

広島に生まれ育って良かったな、とそんなことを考えつつ、パールデンブルームでしっかりみなさんのお仕事探しのお手伝いを続けていきたいと思います。

 

広島で仕事を探すなら…
パールデンブルーム
www.paarden-bloem.co.jp/pages/company.html

www.paarden-bloem.co.jp/

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内