地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広陵に恩返しを、そして地元のみなさんに愛される選手に、甲子園6発の中村奨成、広島の1位指名権獲得で
2017年10月26日
編集部編集部

広陵に恩返しを、そして地元のみなさんに愛される選手に、甲子園6発の中村奨成、広島の1位指名権獲得で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中村奨成
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

広島の緒方監督が交渉権を引き当てたあとも、静かにドラフトの様子を見守る中村奨成選手(トップ画像)

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンDが10月26日、東京都内であり、「甲子園6発」の広陵高校・中村奨成捕手を広島、中日の2球団が指名。広島・緒方監督、中日・森監督の”大将戦”は広島に軍配が上がり、抽選の末、広島が指名権を手にした。

ドラフト1位、1回目の入札で高校生捕手に複数指名があったのは史上初めて。

広陵
広島の抽選権獲得の知らせを受け笑顔を見せる田中清峰理事長(中央)、右は國貞和彦校長、画像奥は堀正和教頭、左端は硬式野球部・吉本昌弘副部長

中村奨成捕手の打力についてはすでにひろスポ!では紹介してきた。

広島の指名権獲得をテレビ画面で確認した同選手はその後、広島市安佐南区の広陵高校内で会見に臨み「まずは守備でアピールして、バッティングはついてくるので…」と語り、プロ入り後のコンバートの可能性について振られても「自分はずっと捕手ひと筋でやってきたんで、プロに入ってもずっとキャッチャーで何としてもやりたい」と話した。

さらに、チームの勝利に貢献できる捕手となることをプロでの目標に据えた。

それにしても20社を超える社が取材に集まり、何台ものテレビカメラに囲まれる状況でも、会見場でのその立ち振る舞いは最後まで自然体でメンタルの強さ、ポテンシャルの奥深さが十分に伝わってくる会見になった。

質疑応答の中では母校のこと、会見に同席した中井哲之監督についてもその思いを語り「人間的にも成長できるように」と繰り返した。

中村奨成
「中井先生の背中を見ながら人間的にも成長できるように」と話す中村とその言葉に耳を傾ける中井監督

今後は広島スカウトからの指名さいさつを受け、おそらくスムーズな形で広島入り、という流れになるだろう。

黒田博樹や新井貴浩らの手により、歓喜の時が訪れた広島。この先も、赤ヘルの街をもっと赤くするような新しい種が、もうすぐ、またひとつ芽吹くことになる。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内