地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 尾道、センバツ切符に黄色信号、下関国際に0-7コールド負け
2017年11月04日
編集部編集部

尾道、センバツ切符に黄色信号、下関国際に0-7コールド負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
尾道
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

尾道の攻撃、スタンドは尾道応援(トップ画像)

秋季中国地区高校野球大会第4日・準決勝(11月3日、しまなみ球場)

第1試合、尾道と下関国際が対戦。尾道は0-7のスコアで下関国際に八回コールド負けした。

尾道
142球を投げ切った尾道・井上

 

尾道先発の井上愛斗(1年)は真っ直ぐに力があり、9つの三振を奪う力投を見せたが二回、バックのエラーや不運な打球に暴投が2つ絡んで4失点。さらに、三回には盗塁絡みで失点。四回から七回まではセロを並べたが八回、四死球と2暴投で2点を追加された。

尾道打線は下関国際の先発、鶴田克樹(2年)の球質の重い真っ直ぐを打ちあぐみ散発4安打に封じられた。

下関国際
完封勝利の下関国際・鶴田

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内