地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 大隣、柿田、乾に中村亘・多田の広島組、そして奥浪…12球団合同トライアウトはどうなった?
2017年11月15日
編集部編集部

大隣、柿田、乾に中村亘・多田の広島組、そして奥浪…12球団合同トライアウトはどうなった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木村昇
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

12球団合同トライアウト、シート打撃でライトフェンス直撃の二塁打を放つ西武・木村昇吾

12球団合同トライアウトが11月15日、マツダスタジアムで開催された。マツダスタジアムでの開催は初。

午前9時30分の開門前には長い行列ができた。

トライアウト
マツダスタジアムに続く大型スロープに並ぶファンは全国から訪れた

12球団合同トライアウトには投手26、野手25が参加。シートノックのあと、投手は打者4人と対戦、野手は守備につきながら異なる投手と4度対戦、ボールカウント1-1の設定で真剣勝負が行われた。

トライアウト

トライアウト
赤ちゃんを抱いて見守るある選手の夫人にデジタルカメラが密着

トライアウト
資料など手元にチェックする各球団の編成担当者

トライアウト
フジテレビONE、生中継用カメラ

トライアウト
各局ニュース編集用下カメ、注目度の高さがうかがえる

トライアウト
シートノックではリラックスした表情も

トライアウト
スタンドから投手にも野手にも拍手が送られる中、真剣勝負が続く

トライアウト
免停中の人身事故で8月にオリックスを契約解除となった奥浪鏡は3打数無安打1四球

木村昇
その奥浪を一塁に置いて適時二塁打を放った西武・木村昇吾は2015年オフ、FA宣言をして広島を去り、この日、マツダスタジアムに”帰ってきた”

中村亘
13年目のロッテ・金森敬之から中前打する広島・中村亘佑、リードするのも広島・多田大輔、多田は4打席3三振、1内野ゴロに終わった

トライアウト
中村亘佑と登板前、打ち合わせする巨人・乾真大は最高球速147キロで3つの空振り三振を奪った

トライアウト
2013年ドラフト1位右腕のDeNA・柿田裕太投手はテンポ良く投げ続けて4連続空振り三振を奪う

大隣

福岡から駆け付けたソフトバンクファンの大声援を受け、抜群のマウンドさばきを見せた大隣憲司。2連続見逃し三振のあと、右中間二塁打を許したものの最後は多田のバットをへし折った


登板が終わった選手から帰路につく、そして吉報を待つ

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内