地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 宿敵・熊本ヴォルターズから86得点の広島ドラゴンフライズ、しかし守りを崩され先勝ならず
2018年01月20日
編集部編集部

宿敵・熊本ヴォルターズから86得点の広島ドラゴンフライズ、しかし守りを崩され先勝ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山正悟
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

朝山正悟兼任ヘッドコーチ(中央右)、山田大治兼任アシスタントコーチのB2リーグ後半戦が始まった。中央左は小野悠真アシスタントマネージャー兼通訳、その左は宮本望ヘッドマネージャー(トップ画像説明)

B2第16節GAME1 熊本ヴォルターズ戦(1月20日、熊本県立総合体育館)

広島ドラゴンフライズ86-97熊本ヴォルターズ
1Q:8-19
2Q:26-20
3Q:22-35
4Q:30-23
入場者数:1478人
シーズン成績:16勝13敗(B2西地区4位)

【スターター】
広島:#7坂田央、#11北川弘、#24田中成也、#36仲摩匠平、#42ケビン・コッツァー

熊本:#1中西良太、#2古野拓巳、#7小林慎太郎、#8ジョッシュ・ドゥインカー、#11福田真生

 

敵地での熊本ヴォルターズ戦。そして朝山正悟兼任ヘッドコーチになって初の対戦は、予想されたことではあるが現実は甘くなかった。

相手の攻撃を70点以下に抑えないと勝てない。…ということは1クォーター平均で20得点以下がノルマ。

第1クォーターは8-19。ノルマギリギリだが逆に8得点は少な過ぎた。

第2クォーター26-20、何とか流れを引き寄せかけたが、第3クォーターの22-35で勝敗の行方を決することになった。

第3クォーター。坂田央の3Pで41-39。早い段階で逆転に成功したが、ここから相手はきっちり立て直す。ゲームメイクで存在感を出していた古野拓巳に3Pを決められ、そこからは完全に熊本ペース。56-74と大きなビハインドを背負って最終クォーターを迎えるようでは、もう打つ手は残っていなかった。

2メートル11センチのセンター、ジョッシュ・ドゥインカーに33得点を許しては勝てるはずもない。インサイドの選手でありながら3P、7本中6本と高確率で決められたのは予想外ではあったが…。リバウンドでもジョッシュ・ドゥインカー以下、相手の方が上手だった。

一方で朝山正悟兼任ヘッドコーチが”手ごたえ”を年明けから強調していたオフェンスでは熊本ヴォルターズの堅い守りをこじ開けての86得点。朝山正悟自らもチーム最多の17得点と意地を見せた。熊本ヴォルターズにとっては今季ワーストの86失点…。よって1勝1敗に持ち込むためには失点をどこまで減らすことができるか、ということになる。

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#2朝山正悟17点
#3テレンス・ドリスドム17点
#13クリント・チャップマン16点
#1村上駿斗13点
#7坂田央11点
◆リバウンド
#42ケビン・コッツァー7リバウンド

熊本ヴォルターズ
◆得点
#8ジョッシュ・ドゥインカー33点
#2古野拓巳13点
#30テレンス・ウッドベリー13点
◆リバウンド
#8ジョッシュ・ドゥインカー9リバウンド
#1中西良太6リバウンド
#14ジョーダン・ヴァンデンバーグ 6リバウンド
#2古野拓巳5リバウンド
#11福田真生 5リバウンド
◆アシスト
#2古野拓巳12アシスト
#47並里 祐  5アシスト

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内