地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 天皇杯ひろしま男子駅伝、鎧坂力走の広島12位、優勝は埼玉、山口6位入賞!
2018年01月21日
編集部編集部

天皇杯ひろしま男子駅伝、鎧坂力走の広島12位、優勝は埼玉、山口6位入賞!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鎧坂
  • 3

  • 4

  • 5

  • 2

トップ画像は最終7区、城南通りを快走する鎧坂(ゼッケン34)

天皇杯第23回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(ひろしま男子駅伝)は1月21日、広島市平和記念公園発着の7区間48キロで行われた。一般(社会人、学生)が3区(8・5キロ)と7区(13キロ)、高校生が1区(7キロ)、4区(5キロ)、5区(8・5キロ)を、中学生が2区と6区(ともに3キロ)という区間設定。

最終7区(13キロ)で、ハーフマラソン日本記録(1時間0分17秒)保持者でリオデジャネイロ五輪1万メートル代表の埼玉・設楽悠太(ホンダ)が4位スタートから前を行く3人を次々と抜き去り、2時間19分10秒で故郷を3年ぶり2度目の優勝に導いた。

前回優勝の長野は46秒差で2位。中国地方では山口が大健闘、2時間21分1秒で前回の32位から6位に急浮上した。

広島は2時間21分58秒で12位と前回大会の26位からの巻き返しに成功したが目標の8位入賞には届かなかった。17位でタスキを受けたアンカーの鎧坂哲哉(旭化成)が区間7位の走りで地元の声援に応えた。

なお、今大会からNHK広島放送センタービル1階で続けられてきた”ふるさとの味”販売が、ひろスポ!で報じたとおり、開催されなくなった。

一方、好天に恵まれたこともあり、平和記念公園前、平和大通り沿いの「郷土料理コーナー」は大賑わいだった。

駅伝
トップを快走する埼玉・設楽

駅伝
山口・野田一輝(ゼッケン35)は最終7区で広島・鎧坂に続く8位

駅伝
賑わう郷土料理コーナー

 

ひろスポ!関連記事

ひろしま男子駅伝、優勝した長野の上野裕一郎「いろいろなものが吸収できる大会、今後も続けて欲しい」、地元・広島は26位(2017年1月22日掲載)
hirospo.com/pickup/35690.html

ひろしま男子駅伝が誇る都道府県人会・ふるさと応援団の後継者不足と“ふるさとの味”販売一部中止で厳しさ増す”レース”展開!?(2107年1月20日掲載)
hirospo.com/pickup/35657.html

ひろしま男子駅伝の日にカープ、サンフレッチェ広島の街の表情とともに、広島土砂災害から5カ月、神戸・淡路大震災から20年…、川風の街、七色の光…#7(2015年1月21日掲載)
hirospo.com/pickup/13360.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内