地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 城福サンフレッチェ、宮崎2次キャンプスタート、変幻自在の2トップは…ティーラシン、パトリック、渡大生…
2018年02月09日
編集部編集部

城福サンフレッチェ、宮崎2次キャンプスタート、変幻自在の2トップは…ティーラシン、パトリック、渡大生…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

  • 3

  • 4

  • 5

  • 2

2次キャンプ初日、11対11の前にボードを使って選手に説明する城福監督(トップ画像)

サンフレッチェ広島は2月9日午後、福岡から空路、宮崎県宮崎市に入り午後5時からおよそ1時間、シーガイアスクエア1での2次キャンプをスタートさせた。

1月27日から2月6日までのタイ・バンコク1次キャンプで選手間の競争を煽り「ベーシックな部分」(城福浩監督)を高いレベルに持ち上げる作業に取り組んできたチームは、この先一週間の2次キャンプで3度のトレーニングマッチを消化。さらに2月17日午後から山口県内移動して翌18日には山口市の維新みらいふスタジアムでプレシーズンマッチ、 レノファ山口戦に臨む。

移動日練習となったこの日は11対11の実戦形式で3バックと4バック、ワントップと2トップが試されるなど、次々に選手の入れ替えを行いながら様々な形が試された。

2次キャンプ2日目の10日にはさっそく正午からベガルタ仙台と45分×4本のトレーニングマッチが予定されている。

パトリック ティーラシン
パトリック(中央)、ティーラシン(右)の組み合わせのあとは…

渡 ティーラシン
渡大生(中央)、ティーラシン(その右)も試された、右端手前は城福監督

馬渡和彰
全体練習終了後、11対11で右サイドに張り続けた馬渡和彰に話をする城福監督

城福監督の練習後の話

(ベガルタ仙台戦では)まず90分やれるコンディション、そして戦術の理解度をより深めること。(実戦では)相手のシステムがどうか、それに対して(我々が)どうか?Jリーグ開幕まで2週間しかない。(1次キャンプで)常にベーシックなところで高いレベルを求めてきた。

(この先は)どの組み合わせ、どの立ち位置が今の時点で最大値になるかを今探っている。ティーラシンも合流したばかり。ベーシックなとろを磨けばシステムには左右されない。そこは特に意識してメンバーを決めていく。フェアな競争の中で最大値を探っていく。開幕がすべてではない。

開幕は開幕でベストを尽くす。でも1戦目より10戦目、20戦目と強くなっていくチームを目指す。終盤で最大値を見つけて右肩上がりになるよう、そういうベース作りをしたい。

城福浩監督
会見に応じる城福監督

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内