地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > JTサンダーズ激闘のゴールデンセットも併せてプレミアLファイナルで私たちが学んだこと…そして頑張ろう熊本、ちゃこのVプレミアレポート
2018年03月05日
ちゃこちゃこ

JTサンダーズ激闘のゴールデンセットも併せてプレミアLファイナルで私たちが学んだこと…そして頑張ろう熊本、ちゃこのVプレミアレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

2017-18Vプレミアリーグ男子、ファイナル3・2日目・豊田合成トレフェルサ戦(3月4日・日曜日、熊本県立総合体育館)

 

2日間、同じ相手と対戦。これまでに無い、初の体験です。1日目(土)はJ Tが勝利。でも2日目に負ければ、1勝1敗で並び、決着は『ゴールデンセット』25点制1セットマッチ、にもつれ込む。

初戦を勝利することにアドバンテージがあるのかどうか、よくわからないこの方式。しかも、同じように“2日間”“ゴールデンセット方式あり”の『ファイナル』は2週かけて戦うが、『ファイナル3』は土日連戦で戦う。

どう準備して臨むのが正解なのか。初戦を勝利したチームが、どのようなメンタルで臨むのが良いのか。

いざ!2日目出陣!

試合結果は?!

25-27
16-25
25-22
16-25

1日目に勝利を呼び込んだメンバーでスターティングオーダーを組んで臨んだ、第1セット。八子と将平が、ブロックに徹底的マークされ、「こりゃ、女子の試合ですか?」と思うほど、引っかかる。

JT
八子と翔平に声をかけるビスコ監督、後ろのエドガー心配そう?

安井小野寺B
安井、小野寺…

吉岡
コーポレートカラーのグリーンをバックにヨシオ…

センター攻撃を使うと、トスと合わない。攻撃力が圧倒的に足らない。でもブロックされた球をネット下で繋ぎ、よく粘っていた。

惜しくも競り負けた第1セット。実は色んなことがわかったセットだった気がする。

・イゴールは居るけど、アタックもサーブも以前ほど脅威ではなくなっていたこと。

・昨日の対策を今日実践する、対戦相手は昨日今日が同じ、を考えると、昨日相手をやっつけたメンバーそのままでは、まずかったかも。

→このセットだけで八子のアタック本数は16。決まったのはその内6。23-23で安井と交代したのは、電池切れです。完全にバッテリー上がる前に下げました。

八子の打数が10を超え、将平のアタックが7本打って1本しか決まらない。この時点で、武智をヨシオに替えてた。多少の守備を欠いても攻撃力を上げた、と思われる。

最大4点ビハインドだったところを追い付きました。…追いついたんだけど、追い越せなかった。やはり、八子が必要なんです。

・合成の中で、止めなきゃいけないのは、本当にイゴールか。

→24-24以降、合成のアタック決めてるのは、全て高松。イゴールは最後のブロックのみ、でした。

 

第2セット   4-9時点で、イゴールが左脚を痛めて(多分、肉離れと思われる)退場した後も、椿山(ずっとレギュラーラウンドはベンチ外にも居なかった。ファイナル6 になって初めて姿を見た。凄く痩せてて、一瞬別人かと思った。ここに合わせて、身体作っていたか?)が出て、遜色ない感じ。イゴールの威力って、そんなもんだったかいな?と思った。

点差が5点、7点と開いていく。たまらず、八子を戻し、武智も戻し、それでも8点、9点と差が広がるのを止められない。

10-19時点では、S金子・ MB町野と小野寺・WS久原と武智・OP八子。

武智のアタック、小野寺のクイック、そして久原のアタック!がキレイに決まっていたのは印象的だったなあ。

小野寺
小野寺!

金子トス
金子のトス!!

点差開いてて厳しい曲面なのに、金子や久原が声出してコートを走り回って(笑)!

実は、足りなかったのは、そんなコート内の声と元気!だった気もする。

 

第3セットは、最大5点ビハインドをひっくり返しましたからね!5-10で、武智→ヨシオ。ナカジのガチ!スパイクサーブ!!ナカジが高松を2本ブロック!!八子のサービスエース!!

来た来た!!流れが来た!

 

第4セットは、6-11で一旦八子をお休み→安井に交代。9-17で将平もお休み→久原に交代。9-18で深津も金子に交代。ゴールデンセットのこと、考えないといけんから、ね。

ナカジのスパイクサーブ!金子のスパイクサーブ!!と、魅せてくれました!

JT

JT

 

1勝1敗になり、『ゴールデンセット』になりました。

メンバーは、試合開始時にまた戻して、

WS:山本将平、武智
MB:中島、小野寺
S:深津
OP:八子
L:井上航⇄唐川

試合開始から立て続けにブロック3本やられたのには、心折れそうになったけど、八子がアタック決めて4-4。

ずっとシーソーゲーム展開で、合成のチャレンジ失敗の後、椿山を将平がブロックし、16-15で逆転!

23-24の崖っぷちで飛び出した、八子のサービスエースには痺れたわあ!!

でも最後に24-25からの八子のスパイクが、ブロックノータッチと判定され、24-26。『ファイナル』進出ならず。今シーズンの順位は、3位と決まりました。

JT

銅メダルと、賞金300万円を貰いました。

銅メダルが欲しかったわけじゃない!ここで終わりたくはなかった。

悔しさは、成長の糧になります。

世代交代を進めながら、若手とベテランが融合して、ここ(3位)まで来た。来期は、もっと、強く!したたかに!明るく!元気に!厳しく!戦って、上を目指していきましょう。

相手(合成)に負けたのではなく、J Tが常勝チームでなく挑戦者スタンスだったからという気もするのです。勝者のメンタリティーを持つ必要があります。

頑張れ!J Tサンダーズ!

次の舞台は、黒鷲旗です。

エドガー、無理しないで、故障しっかり治して。黒鷲旗三連覇、もちろん大事だけど、来期にまたエドガーと一緒に戦いたいから…

(ちゃこ)

追記:

2017-2018シーズンの、ファイナル3の舞台は、熊本。熊本地震から2年経ちます。「頑張れ!熊本!」と銘打っての、開催でした。

熊本城に行って来ました。

石垣はまだ崩れたまま。通れない道もたくさんありました。

崩れ落ちた石垣の石に、丁寧に番号を打ち、それらは静かに再びの出番を待っていました。

熊本

熊本

熊本

熊本

熊本

熊本

歩道が崩落するのを支えた、桜の木たち。花はまだですが、枝はほんのりピンク色でした。

広島の土砂災害もそうですが、ふつうに生活している真横に、生々しい災害の爪痕があります。

熊本は、熊本城の周回道路は市民の生活道路になっており、市民・県民は熊本城を見るたびに、災害を思い出すことと思います。

それにしても…

10月に南三陸に行った時も思ったけど、どうして、何年も経つのに、まだこんな状態なんか、って思います。

広島・八木地区も空き家が多いです。

頑張れ!熊本!

頑張ろう!熊本!

熊本

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内