地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > ジョンソン、石原のバッテリーで開幕連勝、丸、鈴木誠也、松山のクリーンアップ連日機能
2018年03月31日
編集部編集部

ジョンソン、石原のバッテリーで開幕連勝、丸、鈴木誠也、松山のクリーンアップ連日機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジョンソン
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

昨季、開幕投手のジョンソンは開幕第2戦で勝利投手(トップ画像)

 

3月31 日 〇6-2中日、マツダスタジアム
通算2勝0敗0分け
14時00分開始・2時間36分、3万1297人
相手先発 ●ジー6回9安打6失点(自責5)
本塁打  丸1号ソロバックスクリーンへ

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ライト鈴木
五番レフト松山
六番ファーストエルドレッド
七番サード安部
八番キャッチャー石原
九番ピッチャー〇ジョンソン7回6安打1失点(自責1)
一岡
中崎

ジョンソン、石原のバッテリーは一週間前、3月24日の福岡ヤフオクドームでソフトバンク打線を6回3安打1失点に抑え、試運転を終えていた。

今季から會澤が選手会長を務め、扇の要も會澤中心…という流れが2月1日のキャンプイン以降、続いていた。しかし蓋を開けてみるとジョンソンにはやはり石原の”ベテラン力”がマッチ。ふたり揃ってマツダスタジアムのお立ち台に上がる姿は、赤い風景によく馴染む。今季もこの「パートナーシップ」(ジョンソン)が継続されることになりそう…

3月半ばまで、なかなか球が走らなかったジョンソンだが、この日は中日先発のジーとともに序盤、テンポのいい投球を続けた。二回、福田への初球はバックスクリーンまで運ばれたがそれ以外、よく踏ん張った。

打線は四回、先頭の丸が四球を選び続く鈴木が前日に続く軽打…左前に飛んだ打球をレフトのアルモンテが一瞬、手間取る(失策)間に二、三塁として五番松山が確実に同点犠飛を上げた。

さらにエルドレッド死球、安部四球とメジャー51勝右腕、ジーのバタつきは収まらず、ここで石原が左前適時打を放って勝ち越し。続くジョンソンは「うまくバットに当たった」という2点適時打をライト前へ。

気落ちするジーから五回には丸がバックスクリーンに倍返しの2ランを打ち込み、開幕戦と同じような展開、同じようなスコアで2連勝をつかみとった。

中崎はセーブシチュエーションでないにもかかわらず連投。結果は内野ゴロ3つ。昨季のこともあり、首脳陣は抑え役を完全に固定せず、探り探り行くのだろう。

ひろスポ!関連情報1
さらに詳細なカープ情報を365日読むならコチラ。
携帯サイト「田辺一球広島魂」
通常携帯版 www.ikkyuu-t.info/i
スマホ版 ikkyuu-t.com 
スマホ版携帯サイト制作ASPサービス「Let’sケータイ」
lets-ktai.jp/news/release/20130424_ikkyuu.html

ひろスポ!関連情報2
マツダスタジアム開幕3連戦が目の前で…この機会にスポーツクラブ体験も開幕、ルネサンス広島ボールパークタウン無料体験会実施中!
hirospo.com/pickup/45987.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内