地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > アンジュヴィオレ広島、スーパー16歳・万力安純とキャプテン足立英梨子のツートップでの反撃及ばず初黒星
2018年05月05日
編集部編集部

アンジュヴィオレ広島、スーパー16歳・万力安純とキャプテン足立英梨子のツートップでの反撃及ばず初黒星

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
万力安純 足立英梨子
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

後半、空中戦で競り合う#27万力安純と#9足立英梨子(トップ画像)

 

なでしこリーグ3部にあたるプレナスチャレンジリーグの第5節(長沼商事サポーティングマッチ)が5月5日、広島市安佐南区の広島広域公園第一球技場であった。

開幕から4連勝をマークしてチャレンジリーグWESTの首位を行くアンジュヴィオレ広島は昨季、なでしこ2部にいたコノミヤ・スペランツァ大阪高槻と対戦。前半に2点を失って、0-2でシーズン初黒星となった。

コノミヤ・スペランツァ大阪高槻は今季初勝利。

アンジュヴィオレ広島スタメン
GK 清水亜紀
DF ★万力安純、※恒益奉実、川野紗季、※松田遥奈
MF 倉本あや、本藤理佐、近藤あすか、友近真那
FW ※西園雪乃、足立英梨子
★は下部組織登録選手 ※は新加入

前半開始早々から押し気味に試合を進めるアンジュヴィオレ広島は、右サイドバックの万力安純や、2試合ぶりに左CBに戻った恒益奉実からの縦パスなどから展開して相手ゴールに迫るが決定機を作れず。

逆に前半37分にコノミヤ・スペランツァ大阪高槻のFW倉員史帆に先制ゴールを決められると、その3分後、守備を立て直す前に巧みな動きを見せるMFのANDULAR TESSAに2点目を許した。

恒益奉実
恒益奉実がスライディングで止めにいくが、先制ゴールを決められた

アンジュヴィオレ広島
2点目は相手のミドル…これも止めることができなかった…

コノミヤ・スペランツァ大阪高槻
2-0となって喜ぶコノミヤ・スペランツァ大阪高槻のサブメンバー

「今までの相手と、ちょっとやり方が違っていた。相手を引き込んでのカウンター。分かっていてもそれにはまった」と貞清健一監督。

後半途中からはスーパー16歳、万力安純が前線へ。キャプテン足立英梨子とともに相手のバイタルエリアに何度も侵入したがショートゼロに終わり、相手の厳しいマークをかいくぐることはできなかった。

前節、アウェー(岡山県高梁市)での吉備国際大学Charme岡山高梁戦を、後半アディショナルタイムの決勝ゴールで制してから中1日。

「5連勝を狙っていましたけど、この敗戦でまたレベルアップできるはず。来週(5月13日の第6節)からはまた1週間に1試合ずつなので、しっかりトレーニングを積んでいきたい」と貞清健一監督。

また万力安純については「いろんなポジションを試して経験を積ませたい。広島にとっての宝ものなので…」と期待の大きさを改めて口にした。

プレナスチャレンジリーグは全15節。今節で一巡目の対戦が終了した。WESTの順位は次の通り。

チーム名・勝ち点・勝ち・分け・負け・得点・失点・得失点差

1 アンジュヴィオレ広島  12   4勝0分け1敗 6  4 +2
2 NGUラブリッジ名古屋  9  3勝0分け2敗 7  6 +1
3 吉備国際大学Charme     8 2勝2分け1敗 10    8 +2
4 セレッソ大阪堺ガールズ   6    2勝0分け3敗  3  4 -1
5 コノミヤ・スペランツァ   5    1勝2分け2敗    6 7 -1
6 JFAアカデミー福島      2 0勝2分け3敗 3 6 -3

 

チャレンジリーグからなでしこ2部復帰への道…

チャレンジリーグは12チームがEASTとWESTに分かれて全15節を7月中旬まで戦う。

それぞれの1位と2位、計4チームはその後、プレーオフ順位決定戦に進み1位はなでしこリーグ2部へ自動昇格する。2位は2部9位チームとの入れ替え戦に臨む。

またそれぞれの3・4位チームはプレーオフ5~8位決定戦に、5位・6位チームはプレーオフ9~12位決定戦に進む。

アンジュヴィオレ広島はチャレンジリーグ降格1年目の昨季に続いて、WESTで2シーズンぶりのなでしこ2部復帰を目指す。

チャレンジリーグWEST2017年順位
1位 バニーズ京都SC      勝ち点33 10勝3分け2敗
2位 静岡産業大学磐田ボニータ 勝ち点23 6勝5分け4敗
3位 NGUラブリッジ名古屋   勝ち点22 6勝4分け5敗
4位 アンジュヴィオレ広島   勝ち点18 5勝3分け7敗
5位 JFAアカデミー福島    勝ち点15 4勝3分け8敗
6位 福岡J・アンクラス    勝ち点13 3勝4分け8敗

昨季のWESTで1位、2位の両チームは、なでしこ2部に昇格した。

バニーズ京都SCはプレーオフ順位決定戦で2位。替え戦で勝負強さを発揮して2部9位の吉備国際大学Charme岡山高梁と”入れ替わった”。

静岡産業大学磐田ボニータはプレーオフ順位決定戦で優勝して自動昇格。2部10位のコノミヤ・スペランツァ大阪高槻が自動降格した。

さらに福岡J・アンクラスが経営状態などの問題により自主退会をリーグ側から勧告され脱会。今季は九州女子リーグに参戦している。

その1枠には昨季、地域リーグを勝ち上がってきたセレッソ大阪堺ガールズが昇格した。

今季のWEST6チーム
NGUラブリッジ名古屋
アンジュヴィオレ広島
JFAアカデミー福島
吉備国際大学Charme岡山高梁
コノミヤ・スペランツァ大阪高槻
セレッソ大阪堺ガールズ

開幕からスタメンに名を連ねるアンジュヴィオレ広島の主力選手たち

清水亜紀
GK 清水亜紀

松田遥奈
#25 DF 松田遥奈

川野紗季
ANDULAR TESSAをマークする#19 DF 川野紗季

川野紗季
#18 MF 近藤あすか

友近真那
#15 MF 友近真那

足立英梨子
#9 FW足立英梨子

万力安純
#27 DF 万力安純

足立英梨子
ゲーム前、長沼商事サポーティングマッチの花束を受け取る足立英梨子キャプテン

アンジュヴィオレ広島
試合前、記念撮影

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内