地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 「傾向と対策」バッチリ!の基町、5-2で優勝候補の如水館を粉砕!その秘策は…第100回記念広島大会
2018年07月21日
編集部編集部

「傾向と対策」バッチリ!の基町、5-2で優勝候補の如水館を粉砕!その秘策は…第100回記念広島大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基町
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

トップ画像左から、基町・南波秀芽主将、エースの伊本圭吾投手、権藤理帆マネージャー

(第100回全国高校野球選手権広島大会第4日、7月21日)

広島県内4球場で3回戦の8試合があった。

呉二河野球場の第1試合で波乱があった。基町が強豪・如水館を5-2のスコアで押し切り4回戦に進んだ。

シード校8校の一角で7年ぶり優勝を目指す如水館は19日の2回戦で安西に13対3五回コールド勝ち。その勢いで臨んだはずが10残塁に終わり、昨夏の宮島工戦に続く3回戦敗退となった。

逆に言えばそれだけ基町バッテリーが粘り強く如水館の攻撃を封じたことになる。

基町は如水館のミスにも乗じた。

初回にはパスボールで1点を先制。二回には相手のエラーで2点を加え、三番・上原和浩(3年)の適時打で4-0とした。

1点を返された直後の四回には二番を打つ南波秀芽主将(3年)が左前適時した。

直後の五回、基町のエース・伊本圭吾(3年)はヒットと死球で無死一、二塁のピンチを迎えた。逆に打順3回り目の一番に戻った如水館にとっては願ってもないチャンスだった。

三回の攻撃で2つの盗塁を成功させた如水館。五回も当然、走る機会をうかがっていたはずだ。しかし足を絡めることなく一、二、三番が打ち取られた。

伊本圭吾は続く六回にもヒット、死球、自らのエラーで無死満塁の大ピンチを招いたが、ここも押し出しによる1点に抑えた。如水館がこの試合、3つ目の盗塁を決めたのは九回で時すでに遅しだった。

139球を投げ完投した三次青陵戦から中1日、伊本圭吾は安西戦で17安打した強力打線を6安打に抑え込んだ。

基町は三次青陵との2回戦で盗塁7つを許して苦戦を強いられ、九回に3点を奪って4-3の際どいスコアで3回戦に勝ち上がってきた。

2回戦での自分たちの「傾向」を分析して如水館戦への「対策」を思案した伊本圭吾-森太二郎(3年)の基町バッテリーの勝利でもあった。

試合後、豪雨被災地の呉から「熊野経由」の迂回ルートで広島市中区の学校に戻ってきた基町ナイン。チームを出迎える者は皆無で、しかも平澤弘監督の姿はあっという間に校舎の中へ消えていった。入口には「お暑い中、3者懇談へご苦労様です」の父兄に当てた張り紙が…

基町
バスの清掃

基町
七夕部長(左端)ら全員でバスの運転手さんに全員で挨拶

基町
そして解散…

貸し切りバスの掃除が部員の手で行われ、バスを見送った七夕亮成部長は全部員の前で短い締めの言葉を投げかけた。

「きょうはお疲れ様でした、明日は…しっかり勉強してください、それとしっかり体を休めてください」

南波秀芽主将の話
僕たちは昨秋から春、夏とずっと強豪校に勝つことを目標にやってきました。全員の気持ちがひとつになったことで、それを達成することができました。でも、どれだけ自分たちに力があるのかを試す絶好の機会なので、次もみんなでしっかり戦っていきたいと思います。

伊本圭投手の話
バックがしっかり守ってくれるのでピンチでもピンチのようには感じませんでした。無理に三振を取りに行こうとはぜす、満塁の時も1点ならいい、と…。三次青陵戦のビデオが自宅にあったのでそれを見て、ランナーを背負った時の反省をしたりしました。きょうの試合の反省も…えっ?勉強ですか?月曜に物理の小テストなんです。野球部はほとんど理系なので…その次の日がまた試合なのでコンディションを整えたいです。

 

その他の結果

・コカ・コーラボトラーズジャパン
広島商8-1尾道北(七回コールド)
高陽東4-3呉港、高陽東は3-3の九回、一番・上原誠真(2年)の適時打で勝負を決めた。投げては岸田雅也(3年)がシード校相手に4安打完投した。春の県大会ベスト4の呉港は西日本豪雨による影響を受けながらも八回、一度は試合を振り出しに戻すなど素晴らしい粘りを見せた。

・呉二河野球場
呉宮原15-0音戸・大柿(五回コールド)
尾道東4-3呉高専

・尾道しまなみ球場
工大高10-4上下
広陵10-0西条農(六回コールド)、春の県大会準優勝の西条農は広陵のエースナバー森悠祐(3年)の前に一、二、四回と得点のチャンスを作ったがあと1本が出ず25年ぶり甲子園の夢は届かなかった。

・福山市民球場
新庄6-1尾道商、豪雨の影響で断水が10日ほど続いた尾道商は6安打で1点止まり。昨夏準優勝の新庄は桑田孝志郎(2年)、竹辺聖悟(3年)の二枚看板の継投で最少失点。
大竹10-0宮原(五回コールド)

ひろスポ!おすすめ情報
基町高校卒業生のみなさんにお勧め!ひろスポ!共有コンテンツの携帯サイト「田辺一球広島魂」、誰も知らない!?カープナインの365日と広島の”今”を毎日更新中!

携帯サイト「田辺一球広島魂」スマホ版
ikkyuu-t.com 月額278円(税込)

通常携帯版www.ikkyuu-t.info/i
月額170円(税抜)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内