地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 速報!堅守の広島商が山陽を11-0で破りベスト8進出、第100回全国高校野球選手権広島大会
2018年07月24日
編集部編集部

速報!堅守の広島商が山陽を11-0で破りベスト8進出、第100回全国高校野球選手権広島大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広島商
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

山陽に五回コールド勝ちして準々決勝に進んだ広島商(トップ画像左)

(第100回全国高校野球選手権広島大会第7日、7月24日)

西日本豪雨の影響で3度、開幕日が延期され全国で最後のスタートとなった広島大会は予備日の23日を挟み7月24日、県内3球場でベスト8を懸けた4回戦に突入した。

尾道市のしまなみ球場、第1試合では広島商が山陽を11対0五回コールドで押し切りベスト8に進んだ。

広島西地区同士の好カードは気温30度を超える猛暑の中でプレーボール。先攻の広島商は初回、ヒットこそなかったが、2つの四球を選び、山陽先発の2年生・若田賢太は、いきなり30球近くを投じる苦しい立ち上がりになった。

続く二回、広島商は山陽・若田の制球難に乗じて打線が繋がる。この回先頭の六番・山路祥都(2年)が死球で一塁に歩くと、続く村上光瑠(3年)も四球で出塁。八番を打つエースの中村光希の絶妙のバントで二、三塁とすると、九番・水岡嶺(2年)が追い込まれながらもセンター前に弾き返してまず1点…

さらに押し出しを挟んで三番・天井一輝(2年)もセンター前に2点タイムリー。けっきょくこの回、終わってみれば計5安打5四死球で大量8得点のビッグイニングに…。

投げては中村光希が4回を無四球無失点で乗り切っり、ここまで2試合で17得点の山陽打線に反撃の機会を与えなかった。

広島商はノーシードからの4試合で計2失点と堅い守りが光る。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内