地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 崇徳猛打爆発、高陽東に10対0快勝で8強入り、第100回全国高校野球選手権広島大会
2018年07月24日
編集部編集部

崇徳猛打爆発、高陽東に10対0快勝で8強入り、第100回全国高校野球選手権広島大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
崇徳
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

茹だるような暑さの中、応援を続ける崇徳の選手たち(トップ画像)

(第100回全国高校野球選手権広島大会第7日、7月24日)

尾道市のしまなみ球場、第2試合昨年に続いてのベスト8を目指す高陽東を崇徳が10対0(六回コールド)で撃破した。

崇徳打線は初回、先頭の池上歩(2年)が中前打。二番・益田倫太郎(2年)は三ゴロで二塁封殺。続く三番・玉木貴大(3年)の初球で益田倫太郎は二盗、これが相手の悪送球を誘って一死三塁とすると玉木貴大が追い込まれながら内野安打を放ち先制した。

さらに二死一、二塁として六番以下で4連続タイムリー。初回に8安打で7点を奪いその後は小刻みに加点した。

崇徳のエース・塩山滉介(3年)は球の出所が見えづらい投球フォームと攻めの投球で6回零封、打っても三塁打2本と大暴れした。

高陽東
高陽東の声援届かず…

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内