地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島ドラゴンフライズ「ピースプロジェクト」発進!世界遺産の宮島と原爆ドームを結ぶ世界で唯一のクラブ誕生…
2018年09月06日
編集部編集部

広島ドラゴンフライズ「ピースプロジェクト」発進!世界遺産の宮島と原爆ドームを結ぶ世界で唯一のクラブ誕生…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広島ドラゴンフライズ
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

広島ドラゴンフライズは9月6日、広島市中区大手町のおりづるタワー12階 おりづる広場で、平和活動に特化したプロジェクト「ピースプロジェクト」を今季よりスタートさせることを発表した。

B.LEAGUEでは社会貢献活動「B.LEAGUE HOPE」として、「PLANET(地球)」、「PEACE(平和)」、「PEOPLE(人類)」の3つの重点領域を定め「OFF-COURT 3POINT CHALLENGE」を実施中。

人類初の被爆都市で、国際平和都市として発展を続ける広島をホームタウンとする広島ドラゴンフライズでは、「PEACE」の部分でB.LEAGUEをリードしていきたいと考え今回の「ピースプロジェクト」に至った。

ホームゲームでの、両チーム代表による「おりづる交換」セレモニー実施や試合後の「おりづる賞」創設などを通じて長期的スパンで平和活動、国際活動に取り組み、チームの成長と平和への願いをシンクロさせる。

広島ドラゴンフライズのチーム名は、安芸の宮島にのみ棲息するミヤジマトンボに由来する。 古来より、トンボ(ドラゴンフライ)は、前に飛んで決して後ろに下がらない勇猛果敢な虫、「勝ち虫」として勝利を呼ぶ縁起の良い虫とされている。

今回の「ピースプロジェクト」によって、世界遺産である厳島神社と原爆ドームは、広島を代表する文化でもあるスポーツを介しても結ばれることになる。

ひろスポ!関連記事
広島ドラゴンフライズ、厳島神社必勝祈願でB2優勝誓う!(2018年8月29日掲載)
hirospo.com/pickup/49391.html

広島ドラゴンフライズ ピースプロジェクト概要

■プロジェクトテーマ
広島ドラゴンフライズはクラブ理念のもと、バスケットボールを通じて「平和があるからこそのスポーツ」「スポーツがあるからこその平和」を追求する。

■今季開始する具体的な活動内容

①「おりづる賞」の設立
広島ドラゴンフライズのホームゲームで、その試合で最もフェアで誠実なプレーをした選手を表彰。互いに敬意を払わなければ成立しないバスケットボールのプレーを通じて「相互に敬意を払うことが平和への第一歩」というメッセージを発信する。

②「おりづる交換」の実施
ホームゲームの試合開始前に、両チーム代表による「おりづる交換」を実施し、毎試合前に平和への思いをはせる機会を創出する。交換するおりづるは、対戦する各チームのロゴとチームカラーをあしらったデザインの記念おりづるになる。

③ピースプロジェクトゲームの実施
今季ホーム開幕戦となる10月6日(土)奈良戦を「ピースプロジェクトゲーム」として実施する。当日はピースプロジェクトのキックオフイベントとして、ブースの出展やセレモニーを実施する。

■将来的な活動のビジョン
国内外へと活動の輪を広げていく。
・B.LEAGUE内でのプロジェクト賛同クラブの拡大
・広島でのピースマッチ(仮称)開催ならびにNBAチームの誘致
・プロジェクト賛同企業集め
・構想中の広島ドラゴンフライズ 新ホームアリーナのピースプロジェクト拠点化

■協力企業
・HBW株式会社
・広島マツダ株式会社

株式会社広島ドラゴンフライズ 浦伸嘉代表取締役社長の話

“ピースプロジェクト”にご協力いただくHBW株式会社様、広島マツダ様、誠にありがとうございます。本プロジェクトをこのおりづるタワーで発表できることとなり、大変に嬉しく思っています。広島ドラゴンフライズは創設5季目を迎え、昨季初めて単年度黒字を達成でき、プロスポーツクラブとして徐々に形になってきています。このピースプロジェクトは今季新たな取り組みの1つとして広島ドラゴンフライズにしかできない活動を形にしたものです。本プロジェクトが少しでも広島県の元気の源になれるようにクラブ一丸となって活動して参ります。

広島ドラゴンフライズ 尺野将太ヘッドコーチの話
高校を卒業して地元を離れ、また海外で生活をするにつれ故郷広島のことを強く思うようになりました。その中で広島に帰りたい思いが実って、このたび地元でヘッドコーチを務めさせて頂く機会を得て非常に嬉しく、覚悟をもって日々、取り組んでいます。

自分が選手に求めている1番は攻守でハードにプレーをすることで、ラフなプレーは決して許さず、ルールの中でハードにプレーをすることが僕のポリシーです。今季ピースプロジェクトが発足したことで選手にもフェアプレーをより強く意識して戦うことができます。また自分のポリシーのもう1つが対戦相手や審判に対してリスペクトを持つことがあります。チームとしてしっかりハードにプレーし、相手、審判へのリスペクトを欠かさないバスケットを徹底してB2優勝、B1昇格を目指したいと思います。

おりづるタワー
おりづるタワー壁画

おりづるタワー
おりづるタワーから見下ろす原爆ドーム

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内