地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > B.LEAGUE占う前哨戦、B.LEAGUE EARLY CUP 2018 NISHINIHON開幕、尺野HCの広島ドラゴンフライズ初陣飾れず
2018年09月08日
編集部編集部

B.LEAGUE占う前哨戦、B.LEAGUE EARLY CUP 2018 NISHINIHON開幕、尺野HCの広島ドラゴンフライズ初陣飾れず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
島根スサノオマジック
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

「EARLY CUP2018 」開幕、トップ画像は島根スサノオマジックチア、アクア☆マジック

 

B.LEAGUEのトーナメント戦「EARLY CUP2018 」が9月7日、開幕した。9日まで。

東北(仙台)、関東(栃木)、北信越(信州)、東海(三遠)、関西(大阪)、西日本(島根)の6地区で開催され、「平成30年7月豪雨」で被災した広島県と愛媛県に対する募金と、9月6日未明に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」に対する募金活動も実施される。北信越での参戦予定だったレバンガ北海道は地震の影響で参加を取りやめた。

西日本(島根)に参加するのは、島根スサノオマジック、広島ドラゴンフライズ、香川ファイブアローズ、愛媛オレンジバイキングス、 ライジングゼファーフクオカ
熊本ヴォルターズの6チームでライジングゼファーフクオカはB1西地区所属、他の5チームはB2西地区所属。

島根県の松江市総合体育館では西地区の2試合が行われ、広島ドラゴンフライズはB2リーグ開幕戦の相手でもある愛媛オレンジバイキングス に81-89で競り負けた。

昨季1シーズンをB1で戦い、B2降格となった島根スサノオマジックは79-89のスコアで香川ファイブアローズに敗れた。

新生ドラゴンフライズ初戦飾れず…

広島ドラゴンフライズは今季初の対外試合に敗れ、尺野将太ヘッドコーチの初陣を勝利で飾ることができなかった。

注目のスターティング5にはジャマリ・トレイラー、朝山正悟、田中成也という昨季からのメンバーに新加入の岡本飛龍、エリック・トンプソン。昨季まで2シーズン島根スサノオマジックで活躍した岡本飛龍にとっては知り尽くした”ホームアリーナ”。立ち上がりからチーム作りの進む尺野ドラゴンフライズを引っ張った。第1クォーターは21-25。

しかし、第2クォーターではターンオーバーを頻発。ゲームの主導権を握り損ねて37-46と9点差をつけられて後半へ。

第3クォーターでは新戦力の小澤智将が持ち味の一つ3Pショットで広島での初得点をマーク、さらにもう1本3Pショットを決めて47-53と3点差に。キャプテン朝山正悟も3Pショットを決め、ジャマリ・トレイラーもブロックショットにダンク…59-62で最終クォーターへ。

ところが大事な勝負どころでジャマリ・トレイラーに左足負傷のアクシデント発生。最終的には89失点でディフェンスに課題を残す結果となった。

B.LEAGUE EARLY CUP 2018 NISHINIHON 1st ROUND
広島ドラゴンフライズ81-89愛媛オレンジバイキングス
1Q:25-21
2Q:12-25
3Q:22-16
4Q:22-27

【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#12エリック・トンプソン、#24田中成也

愛媛:#0楯 昌宗、#3コーリー・ジョンソン、#10アンドリュー・フィッツジェラルド、#16笠原太志、#31岡本将大

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#2朝山正悟22点
#0ジャマリ・トレイラー21点
#24田中成也12点
◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー  13リバウンド
#10坂井レオ8リバウンド
#7坂本ジェイ7リバウンド

愛媛オレンジバイキングス
◆得点
#10アンドリュー・フィッツジェラルド35点
#32高畠佳介11点
#16笠原太志10点
#31岡本将大10点
◆リバウンド
#10アンドリュー・フィッツジェラルド  9リバウンド
#3コーリー・ジョンソン6リバウンド
#16笠原太志6リバウンド
◆アシスト
#31岡本将大7アシスト
#0楯 昌宗  5アシスト
#16笠原太志5アシスト

広島ドラゴンフライズ・尺野将太HC
自分達にとって今季最初のゲームで、自分にとっても初戦として、準備してきたことを出して戦った。選手には色々なことが起こると伝え、その状況にアジャストして戦うということで臨んだが、アジャストしきれずに敗戦となってしまった。自分が準備しきれなかった結果、敗戦となりファンはもちろん選手にも申し訳ない。

(二人のポイントガードについて)岡本選手はスピードとディフェンスの良いプレッシャーが光ったが、速い展開を意識しすぎて周りをコントロールしきれなかった部分が今日はあったと思う。逆に山田選手はチームプレイを引き出してうまくコントロールしていたが、速い展開には持っていけなかった。タイプの違うガードが揃っているので、勝利に導けるようにうまく二人の能力を引き出していきたい。

今日、シューターが得点できていたり、トレイラー選手の得点を伸ばすことができたりと収穫もあった。まだ明日ゲームがあるので、一つ勝って広島に帰ろうとミーティングで伝えた。気持ちを切り替えて、明日また頑張ります。

広島ドラゴンフライズ・朝山正悟キャプテン
今日は初の試合で勝ちはもちろん意識していたが、チームの状態、今の現在地を測るという部分もあったと思う。良い部分、足りていない部分が見えて、選手個々としてもチームとしても収穫は大きかったと思う。負けたことは悔しいので、開幕戦で対戦する相手なので、そのときにしっかりリベンジしたい。今日も出だしは良いディフェンスから速い展開というバスケットが出来ていたが、ターンオーバーが21と選手の連携が良くなかった。個人としてもまずは60試合戦い抜く身体をしっかり作ること、ゲームでプレイする中でバスケット感を取り戻していきたい。

広島ドラゴンフライズ・岡本飛竜
負けてしまったのは残念。トンプソン選手が合流してまだ1週間で5対5がほとんど出来なかった中で、合わせを徐々にゲームの中で修正できたのは良かったと思う。これからもっともっと突き詰めていって、チームの完成度を高めていきたい。朝山選手、田中選手がしっかり走って、シュートを打ってくれる、トレイラー選手はアタックしてくれる、出来ることの選択肢は多いなと改めて感じた。

89失点は多すぎるので、まずはしっかりディフェンスして、僕が先頭きって走って、パスを出してアグレッシブにいきたい。移籍して最初の試合を松江で戦うというのは不思議な感覚だった。今季、松江で戦えるのは明日が最後なので、しっかり広島でも頑張っている姿を見せられるように、明日またしっかり戦いたい。

愛媛オレンジバイキングス・リチャード・グレスマンHC
2Qの出来が今日のゲームの総括になる。やるべきことを明確にしてやりきれたクォーターで広島を12点に抑え、逆に我々は5人がアグレッシブに速く攻めて得点を重ねることができた。それでも今日はリバウンドで大きく負けており、シーズンを通していい結果を残すためにはこの部分はしっかりと改善しないといけない。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内