地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島、クライマックスシリーズ、日本シリーズに備えてウエスタン・リーグ四冠のメヒアをテスト、阪神メッセンジャーからいきなり”ファイヤー”
2018年10月03日
編集部編集部

広島、クライマックスシリーズ、日本シリーズに備えてウエスタン・リーグ四冠のメヒアをテスト、阪神メッセンジャーからいきなり”ファイヤー”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メヒア
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

広島はレギュラーシーズン残り3試合となった10月3日、一岡、ジョンソン、バティスタの登録を抹消、代って岡田、ジャクソン、メヒアを出場登録した。

メヒアは先ごろ閉幕したウエスタン・リーグの打撃部門で四冠王。二軍からの「推薦状」を受けた緒方監督が今回のタイミングでプレーオフに向けチェックする形になった。

ウエスタン・リーグのラスト6試合。メヒアは23打数10安打12打点で実に7本塁打。1試合2発が3試合もあった。

配球が分かるようになりボール球を見送れるようになったこと、技術面では少しずつではあるが、インサイドアウトに振れるようになってきたことがその”進化”に繋がっている。

一軍の外国人枠を考えればジョンソン、バティスタ、それに現在一軍でテスト登板を続けているヘルウェグのほかに、今季一躍その名を広めた快速球左腕のフランスアもいる。

ただ、リーグ3連覇を果たした広島はこのところ自慢の打線がやや下降気味。攻撃力重視ならバティスタ、メヒア…ひろスポ!命名の”ゲッター1””ゲッター2”揃い踏みが効果的なのは間違いないのだが…

10月3日、阪神最終戦の広島スタメン

一番ショート田中
二番レフト野間
三番センター丸
四番ライト鈴木
五番ファーストメヒア
六番サード安部
七番キャッチャー會澤
八番セカンド曽根
九番ピッチャー九里

メッセンジャーはこの試合、第1打席は初球を打って中飛

第2打席、一塁に鈴木を置いてメッセンジャーの高目145キロを豪快スイング、打球は弾丸ライナーで左翼席に突き刺さる3号同点ホームラン。

ひろスポ!関連記事
一軍昇格、たった3スイングで2ラン2発!!「ゲッター1」バティスタ衝撃デビューの影で「400日ぶりホームラン」の堂林”二軍降格…(2017年6月4日掲載)
hirospo.com/pickup/38451.html

エルドレッドや隠れ首位打者の安部よりすっゴイ!?赤いゲッター1バティスタ、ゲッター2メヒア、ウ・リーグでさらに加速…(2017年5月19日掲載)
hirospo.com/pickup/38161.html

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内