地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 鈴木のメルセデスへの対応力、大瀬良の田中俊、岡本対策でクライマックスシリーズ初戦、巨人の勢い止める
2018年10月17日
編集部編集部

鈴木のメルセデスへの対応力、大瀬良の田中俊、岡本対策でクライマックスシリーズ初戦、巨人の勢い止める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クライマックスシリーズ
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

マツダスタジアム、クライマックスシリーズ・ファーストステージ第1戦(トップ画像)

10月17日 ○6-1巨人、マツダスタジアム
クライマックスシリーズ、ファースト第1戦、通算2勝0敗(アドバンテージ1勝含む)
18時00分開始・3時7分、3万1311人
相手先発 メルセデス3回3分の1、5安打4失点(自責4)
本塁打 鈴木1号2ラン、丸1号ソロ
出場登録 一岡、フランスア、磯村

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ライト鈴木
五番ファースト松山
六番レフト野間
七番キャッチャー會澤
八番サード安部
九番ピッチャー大瀬良○6回5安打1失点(自責1)
一岡H
フランスア
中崎

神宮球場でヤクルトに4-1、4-0のスコアで連勝してマツダスタジアムに乗り込んできた巨人相手に、中9日での実戦となった広島。

勝負は初回。

先発の大瀬良はいきなり先頭の坂本勇に中前打されたが続く田中俊をニゴロ併殺に取って踏ん張った。巨人ベンチは最低でも進塁打のはずが、初回から150キロオーバーの真っ直ぐで飛ばす大瀬良の圧力に押されたかっこう。

逆に巨人先発のメルセデスは先頭の田中に四球を与えると、菊池に2球目真っ直ぐをセンター前に弾き返されエンドランで一、三塁のピンチを招いた。

このチャンスに丸が叩きつけニゴロの間に広島に先制点。この1点で神宮球場で加速した巨人の勢いに急ブレーキがかかった。

三回も丸が先頭打者で中前打。続く鈴木は、初球を高々と打ち上げそのままレフトスタンドに持って行った。

五番・松山も左前打で続き、六番・野間は遊ゴロで一死一塁。七番・會澤が左中間に打ち返すと野間が一気に生還して4対0とした。

4対1となった七回には丸が巨人3番手の上原からライトスタンドへ。八回には4番手の澤村から野間の三塁打と安部の右前打で加点した。

広島打線対メルセデスは今季、レギュラーシーズンで2度。8月10日のマツダスタジアムでは初回、鈴木がメルセデスから19号2ランを放っているが打ったのは真っ直ぐ。この日は第1打席・四球のあとの第2打席、初球カーブを迷わず振り抜いた。

大瀬良は9月30日の東京ドームで巨人と対戦した際、初回、坂本勇に二塁打され田中俊の進塁打、マギーの犠飛で失点。

この時は三回にも坂本勇に四球を与え、田中俊、マギーの連続二塁打で2失点。その時の反省を生かしつつ、六回にメルセデスの代打・辻に右前打されたあと田中俊、マギーに連打されて失点は1だった。

二回の第1打席で内角を攻め空振り三振に仕留めた岡本を六回、なおも一死一、二塁の場面でスライダー1球でインフィールドフライに仕留めたのが大きかった。大瀬良はCS初白星。

六回の攻撃で大瀬良の代打に起用された新井の四球出塁が光る。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内