地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 松井市長!「森保監督誕生を祝う広島で、松井市長いつサッカースタジアム決まりますか?今場所決めの最中です、やる気ないなら辞めてくれ!」からもう1年ですよ!
2018年10月23日
編集部編集部

松井市長!「森保監督誕生を祝う広島で、松井市長いつサッカースタジアム決まりますか?今場所決めの最中です、やる気ないなら辞めてくれ!」からもう1年ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松井
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

2018年2月、宮崎市内であったサンフレッチェ広島のキャンプで湯崎知事らとガッツポーズの松井市長(トップ画像)

 

広島県と広島市は、広島のマチナカにサッカースタジアムを早期に建設する意思はない、と言って差し支えなさそうだ。

ひろスポ!ではもう2年以上も前になる、2016年4月11日に以下の記事をアップした。

シンパイ!広島県からセンパイ!広島県へ、旧広島市民球場跡地へのサッカースタジアム建設で産業構造大変革!わしらは”スポーツ”立都市”を目指すんじゃ!
hirospo.com/pickup/28538.html

この記事の内容をひと言でまとめると国家戦略として「スタジアム・アリーナをコストセンターからプロフィットセンターへ」。スポーツ市場を2~3倍へと拡大させ、GDP600兆円到達へのエンジンのひとつに仕立て上げたいという(日本の名目GDPは2018年10月推計で557兆円)。

続いてその1年後、2017年4月10日には以下の記事をアップした。

安倍首相から名指しされた!?広島…まったく聞かなくなった?広島サッカースタジアム問題、実は国家戦略として進行中!
hirospo.com/pickup/37261.html

この記事をアップした時、広島市・広島県・広島商工会議所の3者側は、中央公園案を他の2案(広島みなと公園案と旧広島市民球場跡地案)と比較検討できるように「調査」に乗り出していた。

記事では「未来投資会議」において安倍首相が打ち出したポスト2020年に向けた諸策の中で「広島」が重要な役割を担っていることについても触れている。

この時点でひろスタ!特命取材班ではすぐに広島県の担当者に電話で確認したが「何も決まっていない時点で動きようがない」との返答だった。

そして最近、ある関係者が広島市の文化スポーツ部に確認したところ、やはりまったく何のアクションも起こしていないことが判明した。

今からちょうど1年前、2017年10月17日、ひろスポ!では次の記事をアップした。

森保監督誕生を祝う広島で、松井市長いつサッカースタジアム決まりますか?今場所決めの最中です、やる気ないなら辞めてくれ!
hirospo.com/pickup/41405.html

その記事を以下、そのまま貼り付ける。”我々”もまったく同じ気持ちでいる。

以下記事内容

 

10月28日、29日に広島市と福山市で大相撲秋巡業がある。10月16日、広島市役所を関係者が訪ね、松井市長を表敬訪問した。

その際、大相撲関係者のひとりが「サッカースタジアムのそばにぜひ土俵も…」と切り出した。

広島のサッカースタジアムまさに土俵際?

…そんな笑えないジョーク、ではない。

広島の状況を傍から見ていれば、そういう声が出ても当然だ。あれだけ騒動すれば普通、みんなスタジアムがそろそろ出来そうだと思っている。

松井市長が無難に応じたのは言うまでもない。

松井市長はかつて「3度(サンフレッチェ広島が)優勝すればスタジアムを考える」と森保一氏に面と向かって告げたことがある。

森保氏は五輪代表監督として国内外の注目を集めるが、それは松井市長の比ではない。

一方、「森保新監督誕生」を祝う準備が進む広島で、最近、こんなこんなやり取りがあった。

県内サッカー関係者のひとりが「いつサッカースタジアムは決まるのですか?」と松井市長に直接、尋ねた。スタジアム問題を一番気にかけている森保氏へ、スタジアムの現状を伝えたい思いもあったのかもしれない。

返ってきた答えは「今、場所を決めている最中です」だった。

それでは返答になっていない。「いつか?」を問われているのであり、みんなそこに注目している。このことは広島市議会でも再三、指摘されてきた。

「なぜ、いついつまでに、と言えないのか?」と多くの議員が声を上げ続けている。

ひろスポ!関連記事

サッカースタジアム建設なし、もありか?の質問に「可能性のレベルで言えば、なくはない」と広島市、都市活性化対策特別委員会で質問集中(2017年9月7日掲載)
hirospo.com/pickup/40483.html

事業主体決定を拒み続ける広島市の態度にサッカースタジアム問題を「もて遊んどる」の声上がる!都市活性化対策特別委員会(2017年9月7日掲載)
hirospo.com/pickup/40492.html

サッカースタジアム問題で「具体的なものは現時点でございません」連発の市担当者、最近の建設費を聞かれ「ごめんなさい、高いところも安いところも…」
hirospo.com/pickup/40631.html(2017年9月13日掲載)

 

「今、場所を決めている最中」?市長はやる気ないのだろう。久保会長も騙されたようなもんかも、ネットにそう書いておいてくれ。松井さんが市長やっとるようじゃ、広島はいつまでもようならん!やる気ないなら、市長なんか辞めてくれ!

松井市長の言葉に呆れたサッカー関係者の、この声に抗うだけの材料を持ち合わせていないので、そのまま掲載させていただく。

結論から言えば、現状では松井市長はサッカースタジアムを作る気はない、ということになる。それは、単に思い込みとか、どうとかではない。

客観的な判断材料も多くあるし、「いつまでに完成させる」と言えないようなプロジェクトに前進などないことは誰にでも分かる。

今さら言うまでもないが、市民県民サポーターのニーズ、サンフレッチェ広島のクラブ状況、Jリーグの立場からしても広島のサッカースタジアム建設は「早期実現」が最大のポイント、である。

ひろスタ!特命取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内