地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 日本シリーズの”前哨戦”は広島・緒方監督に軍配、ソフトバンク・工藤監督は2位指名で盛り返し…”西日本シリーズ”白熱の展開へ
2018年10月25日
編集部編集部

日本シリーズの”前哨戦”は広島・緒方監督に軍配、ソフトバンク・工藤監督は2位指名で盛り返し…”西日本シリーズ”白熱の展開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方監督
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

昨年のドラフトでは2分の1の確率で、今回は4分の1の確率で、締めて8分の1の確率で2年連続ドラ1を引き当てた緒方監督

 

広島の緒方監督の右手が結果的には4分の1の確率を引き当てた。オリックス・西村監督、DeNA・高田GMが先に引き、続いてソフトバンク・工藤監督が残り2つのうち向かって右に手を入れた。残り1枚。同時開封のあと高田GMがガックリと肩を落とした次の瞬間、緒方監督がクジを持つ右手を高く掲げた。

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月25日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで開催された。

4球団競合による”小園争奪戦”は残り2枚という段階で、まだ工藤監督にもチャンスはあった。ソフトバンクが先に”当たり”を引いていれば、緒方監督にはもうチャンスはなかった。まさに日本シリーズの前哨戦?

ソフトバンクの小園指名は王球団会長の見立てだった。オリックスとともに前日には指名を公表した。

「ショートでレギュラーが取れる、即戦力に近い」とソフトバンクも高く評価した。2年連続で高校日本代表入り。将来はまた日の丸をつけて戦うであろう逸材は、「体のバネが素晴らしい」「肩と脚力も特A級」とされる。

これらの評価は“そこ”を最重要視する広島のスカウト陣のニーズともすべて合致する。

27日からマツダスタジアムで始まる“西日本シリーズ”。広島とソフトバンクによる”日本一争奪戦”は今回が初めてではあるが、この先もこの対戦が”シリーズ化”されるようであれば、今回のドラフトはプラス・マイナスを考慮した場合「広島」にとって2倍の価値があることになる。

緒方監督は昨年も中日との競合の末、中村奨成を見事、引き当てた。2分の1×4分の1で、8分の1。1割ちょっとの可能性でも見事に”連覇”…

なお、ソフトバンクは2位で三菱重工広島の長身右腕、杉山一樹投手を指名した。静岡市出身。静岡・駿河総合高時代に甲子園出場はなし。卒業後、社会人野球に進んだ193センチ右腕が将来、日本シリーズの舞台で広島打線の前に立ちはだかるようなことになれば、今回のドラフトは広島・福岡の双方にとって実り多きものだった、ということになる。

ひろスポ!関連記事

巨人しかないセ・リーグ3連覇と34年ぶり日本一目指し、広島・緒方監督ら必勝祈願(2018年1月19日掲載)
hirospo.com/pickup/43951.html

世界に類のない!?水上カープ優勝パレードで新井は?誠也は?菊池・丸は?緒方監督は?(2017年11月25日掲載)
hirospo.com/pickup/42532.html

広島ドラフト1位指名の広陵・中村奨成に緒方監督から「出会いに感謝」の言葉プレゼント(2017年10月27日掲載)
hirospo.com/quick/41704.html

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内