地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島ドラゴンフライズ、延長また延長でわずかに及ばず3連敗、背後から熊本ヴォルターズの足音…
2018年11月25日
編集部編集部

広島ドラゴンフライズ、延長また延長でわずかに及ばず3連敗、背後から熊本ヴォルターズの足音…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フライガールズ
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

次節は12月8日、9日の西宮ストークス戦、広島サンプラザホール会場で勝利の笑顔を…

 

広島ドラゴンフライズは11月25日、名古屋市枇杷島スポーツセンターでファイティングイーグルス名古屋と対戦、延長でも決着がつかず再延長に突入したがここで2-11と力尽き84-93で敗れた。

広島ドラゴンフライズは3連敗。この結果広島ドラゴンフライズは15勝4敗でB2西地区首位は変わらないが、今節、金沢武士団に連勝した熊本ヴォルターズが14勝5敗で1ゲーム差に急接近してきた。

B2 第10節 GAME2
広島ドラゴンフライズ84-93ファイティングイーグルス名古屋
1Q:23-20
2Q:17-23
3Q:16-15
4Q:18-16
EX1:8-8
EX2:2-11
入場者数:1,013人
対戦成績:15勝4敗

【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#12エリック・トンプソン、#24田中成也

FE名古屋:#0山本エドワード、#11杉本慶、#14兒玉貴通、#15シェリフ・ソウ、#41ギャレット・スタツ

エリック・トンプソンがスターターに戻ってダンクも飛び出し第1クォーターは23-20。

第2クォーター、クロスゲームで17-23。後半も互いに譲らず、最終クォーター残り58秒で72-74と逆転を許す。それでも残り13秒でマイボールにして坂本ジェイがインサイドを攻めファウルを獲得。こファウルで相手は退場。チームファウルも5つを越える為、坂本ジェイがボーナススローを確実に決め、74-74。残り9秒で同点となり延長戦へもつれこんだ。

延長第1(5分間)、先行されたが追いつき、勝ち越されてもまた追いついて、82-82で延長第2(同)へ。

序盤に田中成也がフリースローを獲得して83-82。広島の1点リードのままお互いシュートが入らない時間帯が続いたが残り2:54に坂本ジェイの個人ファウルが5つになり退場。相手がこのボーナスを決め83-83。この勝負どころで流れを引き寄せることができなかった広島ドラゴンフライズ。3Pやフリースローで引き離されてタフなゲームを取り逃がした。連日の朝山正悟の奮闘が光る。

主なスタッツ
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#0ジャマリ・トレイラー23点
#2朝山正悟 23 点
#12エリック・トンプソン12点
#24田中成也 12点
◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー17リバウンド
#12エリック・トンプソン9リバウンド
◆アシスト
#3岡本飛竜6アシスト

ファイティングイーグルス名古屋
◆得点
#41ギャレット・スタツ30点
#11杉本慶25点
#0山本エドワード13点
#14兒玉貴通13点
◆リバウンド
#41ギャレット・スタツ22リバウンド
◆アシスト
#41ギャレット・スタツ6アシスト

広島ドラゴンフライズ・尺野将太ヘッドコーチ
「昨日の敗戦で出だしでやられた課題をクリアにし随所に良いプレーが見られた。ただ悔やまれるのは2回目の延長で選手が良い起点が作れずどこを攻めていくか動きの中で明確ではなかった。今日は朝山選手、トレイラー選手が良いスコアが出来ている。そこをより伸ばす為にコートの5人が明確な意図を持ち動けるようにしたい。非常に悔しい敗戦になったがまた一つ乗り越える壁が出来た。このバイウィークでしっかり心も体もリフレッシュし良い状態でサンプラザのホームを迎えたい」

ファイティングイーグルス名古屋・渡邊竜二ヘッドコーチ
「昨日良い勝ち方をし、今日は必然的に厳しい試合になった。だが途中第4クォーターで逆転され苦しい時間帯を全員で頑張り、最後延長はファンの応援もあり勝てた。一週間空くが良い状態を保ち12月のホームゲームを勝ちで終わる為に準備していきたい」

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内