地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 速報!北の大地でサンフレッチェ広島0-2からの逆襲、森崎和の置き土産、2位ACL圏内フィニッシュに成功!
2018年12月01日
編集部編集部

速報!北の大地でサンフレッチェ広島0-2からの逆襲、森崎和の置き土産、2位ACL圏内フィニッシュに成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
森崎和幸
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

明治安田生命J1リーグ第34節(札幌ドーム、12月1日)

サンフレッチェ広島は引き分けでも2位フィニッシュ、ACL枠を確保、しかしホームに大観衆を集めた北海道コンサドーレ札幌は勝てば初のACL枠。

この大一番でサンフレッチェ広島・城福浩監督は3・4・2・1、とうとう3バックシステムを選択。「我々の最大値を引き出すために」と城福浩監督。

一方の北海道コンサドーレ札幌・ペトロヴィッチ監督は「もちろんACLを目指して立戦う、このチャンスを生かしてACLの扉を開きたい」

ついでに言えば、Jリーグからの賞金、強化分配金も2位とACL圏外では雲泥の差…

サンフレッチェ広島の布陣は、野上、千葉、佐々木の3バック

森崎和と青山のボランチ、右に馬渡、左に柏

ティーラシンのワントップ、トップ下に川辺と柴崎

和田も水本も稲垣もパトリックもベンチ

ところが前半3分、サンフレッチェ広島はあっという間に失点。大きなサイドチェンジでペナルティエリア自陣左にパスを入れられて、そのあと繋がれ最後はチャナティップに豪快にけり込まれた。タイ・ムアントン対決で先手を取られた…

さらに21分、GK林がペナルティエリアを大きく超えて相手とぶつかりながらクリア、しかしセカンドボールが危険なジェイの前へ。そこからイッキのループ…佐々木と千葉がゴールを守るがその頭上をボールが超えて信じがたいような失点…

前半34分、サンフレッチェ広島は正面ペナルティアーク、絶好の位置でのFK、馬渡のシュートはバーの遥かに上

前半39分、柏が左サイドから相手陣内に近づき、中へクロス、ティーラシンが頭で合わせ、さらに川辺が相手と競ってマイナス方向へ、詰めた馬渡が抑えの利いた強いシュート、シーズン4試合目出場の馬渡意地の移籍後初ゴール!

前半1-2、サンフレッチェ広島あとがない。後半失点防ぎつつどのカード切るか?

ホームにサガン鳥栖を迎えた鹿島アントラーズは0-0で折り返し。

前半終了時点でサンフレッチェ広島と鹿島アントラーズ、ともに得失点差11、総得点では鹿島アントラーズが5点も多い…

大事な後半戦スタート。

 

後半6分、また柏が左サイドから大きなクロス、後方から勢いつけた柴崎のヘディングシュート、ジャストミートで相手ゴールネット揺らし2-2

さあ、サンフレッチェ広島は鹿島アントラーズの動き見ながら取りにいくのか、守るのか…

入場者数3万4250人

鹿島アントラーズ、0-0のまま

サンフレッチェ広島、北海道コンサドーレ札幌ともに1点を取りにいく、敵陣ゴール前際どいシーンの連続

後半32分、ティーラシンOUT、パトリックIN

後半36分、0-2になって味方を鼓舞した森崎和OUT、稲垣IN

アディショナルタイム4分

2-2ドローで終了

サンフレッチェ広島は連敗6でストップ、しかしラスト9戦2分け7敗。

鹿島アントラーズが引き分けてサンフレッチェ広島2位、鹿島アントラーズが3位、北海道コンサドーレ札幌は4位。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内