地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 福山でもエドガートーマス打ちまくり!合成の内定くん勝岡(崇徳高校、福山市出身)も登場、JT3連勝!~ちゃこのVプレミアレポート
2019年01月12日
編集部編集部

福山でもエドガートーマス打ちまくり!合成の内定くん勝岡(崇徳高校、福山市出身)も登場、JT3連勝!~ちゃこのVプレミアレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JT
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

2018-19V.LEAGUE Divison1 MEN、レギュラーラウンド・第2レグ第7戦(1月12日・土曜日、福山市緑町公園屋内競技場(ローズアリーナ)
豊田合成トレフェルサ 戦

 

第1レグでは、フルセットの末負けましたが、天皇杯準決勝では3-0で勝利した、豊田合成トレフェルサとの対戦。現在、暫定3位に付けているJTサンダーズ。更に上を目指していくためには、ここは、負けられない一戦です。

さあ!試合結果は?!

20-25
25-20
25-21
25-21

第1セットは失ったものの、その後は深津のトスも徐々に持ち直し、セットカウント3-1で勝利!3連勝!ポイント3をGETしました!2位のサントリーが、東レに0-3で敗れ、2.3位のポイント差が詰まってきました。

スターティングメンバーは、
OH:山本将平、劉力賓
MB:小野寺、安永
OP:エドガートーマス
S:深津
L:井上航

今日も「鉄板」です!ヤス→久原のリリーフサーバー、劉→武智の交代(第3セットの途中。第4セットはスタメンに武智)がありました。

第1セット、8-9から連続でブレイクされ8-12までいったときに、ショーヘイが傳田に2連続ブロックされたんだけど、見ていて、『トスが近い!打つずらそう!』でしたね。

トムが1人で決めてくれていて、サイドアタッカー(ショウヘイ、リュウ)が決まらず、小野寺はマークされまくり、で、ブロックに引っかけられ決まらない。トムのアタック決定率は75%あっても、苦労して、流れを掴めなかった第1セット。ラリーに持ち込み、粘る場面もありましたが、セット失いました。

第2セットも、点差があまり開かない序盤の攻防。とかく、S深津のトスが、近いし短いし、かといったら長いし、不安定でしたね。だから、むしろバックアタックの方が決定率が高かった。

8-8で追いつかれてから、随所にトムのナイスレシーブがあり、素晴らしかった!コースに入ってて、体の真正面に来たボールを「ふんむ!」と分厚い胸板で上げた『マッチョな胸板レシーブ(笑)』は、最高でした!

ここからJTに勢いが出て、12-9。ここまで、ブロック本数は、合成8、JT0だったそうだけど、出た出た!近のタテをブロック!!18-13。勢い増して、引き離しにかかります。拾って繋ぐ、合成の十八番を奪う粘りで、最後はトムではなく小野寺に振る場面も見られました。

小野寺のクイック、第1セットより、速くなった?トスが良くなり、スイング軌道も鋭くなってます。試合中に、微調整できちゃうあたり、今年のJTは、違うなあ。

第3セットは、2セットからの勢いそのままに、JTブロック祭り!劉、小野寺、深津、ヤスと、誰かれなく飛び出してましたね。

4-3とJT1点リードのところで、合成は、高松→白岩。OHが内定くんの勝岡(崇徳高校、福山市出身)と白岩。やはり、イゴールに結果ボールが集まるので、ブロックも絞りやすく、6-3、16-12と徐々にJTリードが広がっていきました。久々の、劉のサービスエースも出ました!劉→武智で後衛の守りも固め、25-21でこのセット取り切り、ポイントGETは確定。

第4セットは、スタートから、劉→武智で開始。このセットは、『あぁ!!(悲鳴!)そこに、航が居たぁ!!』のパターンに加え、『あ〜!!えぇ!?そこに、武智が居るぅ!!』のパターンも加わり、とにかくラリーが続く。そして、トムで決める(時々センター)。ショーヘイが古賀兄を吹っ飛ばした、サービスエース!
トムのノータッチサービスエースもあり!

合成は、相変わらず、謎なタイムアウト(JT側からすれば、?今なんでタイムアウト?2回目の?)とか、23-20の時点でイゴールに替えて椿山をリリーフサーバー起用し、見事なネットへバッサー!サーブで、JTにマッチポイント。…謎だなあ。

内定新人OH勝岡は、さすが崇徳仕込みのレシーブでよかったし、ジャンプ力もある。けど、高松がコート外では、コートの中でしかめっ面してる人が多い感じの、合成でした。

結果、トムに大半のアタックを託して打ち切ってもらい、(打数も多かったので、明日が心配)、勝ち切りました!第3セット以降は、深津のトス回しにも少し余裕が出てきた感じがして、ネットまでの距離、高さ、センターやバックアタックを使うことが出来ていたように思いました。でも、今日は全体的に、トスが近かったので、バックアタックの方が打ちやすそうでしたね。

トムとイゴールの決定率の差が、勝敗分けた気がします。

JT
インタビューに応じるトム

1/13(日)は、1レグは、真っ黄色な会場で、1-3負けしてしまった、堺ブレイザーズと対戦。会場360度緑色の応援で、迎え打ちます。テクトに3-1勝ち(しかも、助っ人ニコはベンチ)して、気を良くしてしまってるでしょうから、波に乗せないようにしなければ。関田の上をブロックで抜く時には、要注意が必要です。わざとそこに打たせてるみたいなんで。

今日も、ローズアリーナを緑でいっぱいにしよう!

頑張れ!JTサンダーズ!
がんばろう   広島。
(ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内