地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 板挟みの広島市担当者は背筋凍る思い…広島新スタジアム建設候補地、中央公園一本化で軟着陸のあと広島の宝・森保ジャパンの”問題”も絡んでいくことに…
2019年02月04日
編集部編集部

板挟みの広島市担当者は背筋凍る思い…広島新スタジアム建設候補地、中央公園一本化で軟着陸のあと広島の宝・森保ジャパンの”問題”も絡んでいくことに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松井市長
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

4月に市長選を控える松井市長(トップ画像)

 

広島の各メディアは2月4日、一斉に広島の新サッカースタジアム建設候補地について2月6日に「第3の候補地」の”はずだった”広島中央公園の広場案で一本化する、と報じた。

湯崎知事、松井市長、、広島商工会議所の深山会頭、サンフレッチェ広島の久保会長の4者が6日、集まりその場で当初からの予想通りの”着地点”に軟着陸する形をとる。

これは完全に想定内。

問題はこれからだ。

「漂流」(日本経済新聞のこれまでの記事の見出し)にピリオドを打てるか…

「漂流」の過程を振り返る。簡単に、だ。

「早期」スタジアム建設を掲げたサッカースタジアム検討協議会が広島市によってスタートしたのが2013年6月。

検討協議をまとめたのが2017年11月。しかしその内容は分厚い資料とは裏腹に具体性に乏しく薄っぺらで、建設候補地さえ旧広島市民球場跡地、広島みなと公園を併記する形になった。協議会は、”行政の意図を汲む委員”と”広島県サッカー協会、サンフレッチェ広島を代表する委員”の対立の構図で常に進められ、実際には意思決定者だった山根副委員長(この記事のあとに関連記事)が前者だったため、出来上がった「報告書」の中身はバイアスに富んでいた。サンフレッチェ広島の声など、ほとんど”削除”されていた。(そうでなければ2016年3月の「Hiroshima Peace Memorial Stadium」は出てこない)

2015年7月、湯崎知事が中心になり、松井市長、深山会頭の3者で「広島みなと公園優位」とし、この判断が大きな波紋を呼ぶ。対象地区の港湾関係者が大きな反対の声を上げ、サンフレッチェ広島も「使わない」と表明。

2016年3月、久保会長は旧広島市民球場跡地での独自案「Hiroshima Peace Memorial Stadium」構想をメディアに発表した。

そこから3者とサンフレッチェ広島の対立の構図が浮き彫りに。マツダスタジアム同様、広島の未来を大きく左右する公共性の高いビッグプロジェクトが「漂流」し始めた。

ほどなく広島みなと公園案は脱落した。港湾は国の重要産業拠点。国から広島県にレッドカードが出されたからだ。これを行政サイドは発表せず、フェードアウトさせにかかった。”広島みなと公園、オウンゴール”では示しがつかない。

広島みなと公園脱落により、本来ならサッカースタジアム検討協議会で決まった旧広島市民球場跡地が自動的に候補地になるはずで、サンフレッチェ広島はもちろん、サッカー関係者も市民も旧広島市民球場跡地を望んでいた。

しかし、肝心の広島市がそれをよし、とはせず様々な要因をあげて旧広島市民球場跡地が建設候補地になることを積極的に進めようとはしなかった。当然、市議会は何度も紛糾した。

2016年8月、湯崎知事、松井市長、深山会頭、久保会長による4者会談が初めて非公開で開催された。深山会頭が「第3の候補地」として広島中央公園をメディアに伝え、水面下で4者が協議してのものだった。

この4者会談後に会見したのは深山会頭だけだった。それは残り3者が会見できない理由がある、ことの裏返し。非公開会議で会見なし。これが、この記事の冒頭で「予想通りの”着地点”に軟着陸する形」としたその根拠だ。この時点で「広島中央公園一本化」、あとは地元対策。

しかし、「寝耳に水」とした広島中央公園に隣接する基町地区住民の反対の声が大きく、何度「説明会」や「個別の話し合い」をもっても、その流れは変わっていない。もちろん今も、だ。

この地区には外国人居住者の増加、少子高齢化、ハードの老朽化、商店街の極端な衰退など待ったなし、の行政課題が山積しており、サッカースタジアムよりもまず住民の生活、との思いが強い。

住民の気持ちは変らないのに候補地を一本化することだけが先行する。これも予想通り。もちろん4月の広島市長選を多分に意識してのものであり、基町地区住民との間で板挟みの広島市担当者は、背筋の凍るような思いになっているはずだ。

さらに、これこそが広島にとって非常に重要なソフト、ハードの一体運用となるテーマでもあるのだが、アジア杯準優勝の森保ジャパン”問題”も含むサンフレッチェ広島以外でのスタジアム運用方法も絡み、サッカースタジアム建設は軟着陸のあとの”探査”の段階で、また難しいかじ取りを迫られることになる。

ひろスタ!特命取材班

ひろスポ!関連記事
広島サッカースタジアム建設へ、大きく前進…続報!松井市長出馬表明でますます避けては通れないサッカースタジアム問題(2018年12月5日)
hirospo.com/pickup/51902.html

広島のサッカースタジアム、中央公園が候補地から建設予定地に替わる日カウントダウン…広島市長選3選目指し松井一実氏立候補へ(2018年11月21日掲載)
hirospo.com/pickup/51511.html

市議会で「サッカースタジアム検討協議会として、広島市の指導で最初から広島みなと公園の方へ導いていたと推測したくなります」の発言、そのとおりだからぜんぜん進まない(2017年11月19日掲載)
hirospo.com/pickup/42050.html

広島のサッカースタジアム問題、「中央公園」の台頭で予想どおりの急展開、第2回4者会談のあとサンフレッチェ広島が声明発表(2016年9月14日掲載)
hirospo.com/pickup/32257.html

「議事録」途中からなしでも「もう決めたこと」と山根副会長…ひろスポ!は見た!「サッカースタジアム検討協議会」の誰がどうやって広島みなと公園を祭り上げたのか?(4)(2016年4月6日掲載)
hirospo.com/pickup/28438.html

松井市長「支える会」で久保会長痛烈批判、サンフレッチェ広島は4者会談切望し作業部会レベル調整拒否、やはりサッカースタジアムウォーズへ…(2016年3月18日掲載)
hirospo.com/pickup/27708.html

★非常に重要
サンフレッチェ広島ピンチ!?サッカースタジアム建設問題に関して県内トップ4者会談から県サッカー協会離脱(2015年1月13日)
hirospo.com/pickup/13015.html

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内