地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > なでしこ2部へ来季から参戦”決定的”のアンジュヴィオレ広島、きょう地元でチャレンジリーグ最終戦
2014年11月01日
編集部編集部

なでしこ2部へ来季から参戦”決定的”のアンジュヴィオレ広島、きょう地元でチャレンジリーグ最終戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンジュヴィオレ広島の応援隊トマトン
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000147
アンジュヴィオレ広島の”本拠地”横川商店街のマスコットキャラクター「トマントン」も試合会場の第1球技上でポーズを決める…

 

なでしこ2部へ、来季からの参戦が決まったアンジュヴィオレ広島がきょう11月1日、地元でチャレンジリーグ22節、シーズン最終戦に臨む。

対戦相手はチャレンジリーグ現在第3位の強敵、日本体育大学女子サッカー部で広島広域公園第1球技場、午後2時キックオフ。

アンジュヴィオレ広島はチャレンジリーグに昇格した今季、ここまで7勝5分9敗の勝ち点26で、16チーム中第9位。残念ながら勝率5割には届かないが”初参戦”ですでに”一区切り”となる10位以内を確定させており、来季から1、2、3部に再編されるなでしこリーグ2部参戦を決めている。

アンジュヴィオレ広島は前節、なでしこ1部昇格へ”最も近い位置にいる”チームのひとつ、ノジマステラ神奈川相模原に2-1で勝ち、質の高いサッカーの実践ができることを証明した。

同じくなでしこ1部昇格を目指す日体大女子サッカー部も「優勝」を目標に掲げ、ここまで15勝3分3敗の勝ち点57、しかも総得点57、得失点差プラス39の数字はともにリーグ最高。アンジュヴィオレ広島の力量を試すラストゲームとしてはまさに最適の相手と言える。

5月にあったアウェーでの対戦では1-3で敗れた。またここ2節で日体第女子サッカー部は4-0、3-1といずれも3点以上を奪っている。

相手の攻撃力をいかに抑え、カウンターで少ないチャンスをモノにできるか?

広島市内は朝から雨でピッチの状況が厳しいものになりつつある中で、個人技も含めた相手の攻撃力をいかに抑え、カウンターでいかに少ないチャンスをモノにできるか?

好ゲームを期待して、多くのサポーターに観戦してもらいたい一戦だ。入場は無料。

アンジュヴィオレ広島FB
www.facebook.com/ANGE.VIOLET.HIROSHIMA

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内