地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 広島県庄原市出身、リオ五輪女子200平泳ぎ金の金藤絵里が現役引退発表
2018年03月07日
編集部編集部

広島県庄原市出身、リオ五輪女子200平泳ぎ金の金藤絵里が現役引退発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル、平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵(かねとう・りえ、Jaked)が3月7日、現役引退を発表した。3月16日に記者会見を行う予定。

金藤は広島県庄原市生まれ。三次高校時代に泳力を鍛え、3年時には総体優勝。2008年の北京五輪では200メートル平泳ぎで7位入賞。2012年ロンドン五輪は逃したが、2016年のリオで頂点に立ち、県民栄誉賞も贈られた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内