地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 佐藤寿人のワントップ不発、サンフレッチェ広島はホームで引き分けが精いっぱい
2014年09月27日
編集部編集部

佐藤寿人のワントップ不発、サンフレッチェ広島はホームで引き分けが精いっぱい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

佐藤寿人がJ1で8試合ぶりにスタメン出場したがゴールはならず、チームは1-1で引き分けた。

J1での3連覇という大目標がなくなり、モチベーションの難しい中でホームに勝ち点40のヴィッセル神戸を迎えた勝ち点37のサンフレッチェ広島。

5試合連続でスタメン出場だったFW皆川に代わり、J1で8試合ぶりにスタメン出場といなった佐藤寿人をワントップに配し、2列目にもJ1初スタメンとなる浅野を組み込んだ。

前半15分の佐藤のヘディングシュートがチーム初シュート。佐藤はその2分後にもヘディングシュートを試みたがゴールの枠をとらえることはできなかった。

浅野も前半38分ごろ左足で立て続けにシュートを放ったがこれも枠外だった。

後半26分、先制ゴールは神戸。マルキーニョスに中央からグラウンダーで決められた。追いかえる展開を模索する中、佐藤はその分後に皆川と交代。森崎浩司も高萩と交代した。

後半42分、相手ゴール前でのせめぎ合いの中、高萩からのパスを受けた塩谷が右足を振り抜き同点ゴール。合計4本のシュートを放った浅野、それに佐藤、シュートゼロの皆川のFW陣がゴールネットを揺らすことができなかった分を、塩谷の5月10日以来の一撃で何とか補った。

なお首位を快走中の浦和レッズはアウェーでセレッソ大阪に0-1で敗れて5連勝ならず。徳島ボルティスに5-0で大勝した鹿島アントラーズが、ベガルタ仙台と引き分けた川崎フロンターレを抜いて2位に浮上した。またガンバ大阪がサガン鳥栖を4-1で下して今季2度目の5連勝で4位に浮上。監督交代の激震に襲われた鳥栖は首位から5位にまで後退した。

 

 

 

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内