地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 広島県高校総体、アーチェリー男子団体は佐伯が3連覇、柔道男子団体は崇徳
2015年06月07日
編集部編集部

広島県高校総体、アーチェリー男子団体は佐伯が3連覇、柔道男子団体は崇徳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

広島県高校総体第7日が5月7日、広島市内や福山市内で行われ23競技で熱戦が展開された。

土師ダムスポーツランドであったアーチェリー男子団体は佐伯が3736点の大会新記録で3連覇を果たした。

広島県立体育館武道場であった柔道男子団体は5年連続23度目の優勝で2年ぶりのインターハイ制覇を目指す。団体女子は皆実が2年ぶり7度目のV。

崇徳はバドミントン男子団体でも城北を下して初優勝した。同女子は基町を振り切り昨年準優勝の高陽が初優勝した。

呉市総合体育館のハンドボール男子は向原が35-34で呉工に辛勝して2年連続6度目の優勝。女子は山陽が2連覇した。

福山ローズアリーナであった競泳の学校対抗では男女とも沼田に栄冠。男子は18年連続19度目、女子は27年連続27度目の優勝。

沼田は府中市立総合体育館であった剣道男子でも2年連続9度目の優勝。

呉市七国見山などであった登山は男子が修道で2年ぶり17度目の優勝、女子が五日市で初優勝。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内