地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 広陵、センバツ王者大阪桐蔭を倒して初の国体優勝、プロ注目の中村奨成は…
2017年10月09日
編集部編集部

広陵、センバツ王者大阪桐蔭を倒して初の国体優勝、プロ注目の中村奨成は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

愛顔つなぐ えひめ国体 、高校野球硬式の部最終日(10月9日、松山中央公園野球場)

準決勝、決勝の3試合が行われ広陵(広島)が国体初優勝した。

準決勝

大阪桐蔭(大阪)12-0津田学園(三重)(5回コールド)

広陵(広島)10-4東海大菅生(東京)

決勝

広陵7-4大阪桐蔭

 

広陵は前日8日の準々決勝で天理(奈良)に10対1の大差をつけ七回コールド勝ち。その勢いで準決勝では夏の甲子園ベスト4の東海大菅生を10対4で退けた。

五回、1年の吉岡が2ランホームランを放ち3対1と勝ち越しに成功。八回、先発の平元銀二郎が2点を失いながらも何とか踏ん張って4対3で迎えた九回、打者一巡の猛攻で6点を奪い、夏の甲子園に続いての決勝へ…

決勝の相手は今春のセンバツに続く二冠を目指す大阪桐蔭。初回、広陵は一、三塁のチャンスに四番・加川が右中間への三塁打を放ち2点を先制。

三回に4点を奪われて逆転されても四回、すぐに反撃。高田誠也の適時二塁打で追いつくと五回には佐藤が大阪桐蔭先発の徳山壮磨から勝ち越し打。六、七回にも加点して試合の主導権を握った広陵は山本-中村のバッテリーで大阪桐蔭の反撃を封じ込めた。

中村は注目のバッティングの方では5打数で内野安打1本に終わったが、高校生活の最後を最高の形で終え、中井監督胴上げのあと、改めてプロ入りに意欲を見せた。

広陵国体メンバー(名前の前の数字は背番号、あとの数字は学年)

1 平元 銀次郎3

2 中村 奨成 3

3 大橋 昇輝 3

4 吉岡 広貴 2

5 松岡 直輝 3

6 丸山 壮史 3

7 加川 大樹 3

8 谷口 秀斗 3

9 高田 誠也 3

10 山本 雅也 3

11 平本一輝 3

12 植村亮太 3

13 佐藤 勇治 3

14 高田 桐利 2

15 阿部 唯人 3

16 森 悠祐 2

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内