地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 前年優勝の瀬戸内、ひやり勝利、如水館、崇徳、広島工など順当勝ち
2014年07月17日
編集部編集部

前年優勝の瀬戸内、ひやり勝利、如水館、崇徳、広島工など順当勝ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

高校野球広島大会5日目・2回戦

瀬戸内8-5宮島工
四回を終えて4対1と宮島工がリード。宮島工先発の福岡を打ちあぐむ瀬戸内は六回に1点、七回にも1点を返しさらに三番・岩城祥太の逆転3ランで6対4と逆転に成功、八回にも2点を加えて”2年連続の夏”に向け一歩前進した。

福山1-0安佐北

府中東4-1三次青陵

神辺旭9-5尾道東

庄原実7-5安西

基町4-0安芸南
東広島運動公園、第1試合。序盤は両投手の小気味良いピッチングが展開され五回までは無得点均衡を破ったのは基町。六回、一番・岡田智のヒットからチャンスを広げて、四番・葉山、五番・伊藤光が連続タイムリー、敵失にも乗じてイッキに4点を先制した。基町先発の二年生左腕、西田は安芸南を4安打に抑えて完封、西条中出身の西田にとっては最高の形の凱旋登板となった。

崇徳8-1広島商船(七回コールド)

広島市工5-3福山工

国泰寺5-2盈進(延長十回)
春季県大会ベスト8でシード校の盈進に対し、国泰寺は延長十回に3点をもぎとり3回戦へ。

広3-1尾道
春季県大会ベスト8の尾道は四回に1点を返したが、直後の五回に3点目を奪われ万事休した。

並木学院6-5加計

広島工9-2庄原格致(八回コールド)
大会ナンバーワン右腕の呼び声も高い広島工の向井が三回までに4つのワイルドピッチと大荒れで2点を失ったがその後は立ち直り14奪三振の力投。打線も10安打で9得点。

如水館4-1可部

舟入16-0福山商・沼南
舟入は三回に大量13点。

府中5-3五日市

黒瀬3-2呉工

呉宮原5-4近大福山

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内