地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > カタールを目指す森保ジャパン、時代は繰り返す、A代表心臓部の番号を背負うのは青山敏弘
2018年09月05日
編集部編集部

カタールを目指す森保ジャパン、時代は繰り返す、A代表心臓部の番号を背負うのは青山敏弘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青山
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

森保監督の通ってきた道を進むことになる青山敏弘(トップ画像)

 

日本サッカー協会は9月5日、森保一監督のA代表初陣となる国際親善試合チリ戦(7日、札幌ドーム)に備え、選手の背番号を発表した。

サンフレッチェ広島で森保一監督とともに3度のJ1優勝を果たし、その番号が注目されていた青山敏弘は「17」に決まった。

この番号は森保一監督の代表時代と一緒で、W杯では3大会連続でMF長谷部誠が背負っていた、日本代表の”エンジン”という意味合いを多分に含んでいる。

また、森保一監督は「17」を背負って日本初のW杯切符を目指した1993年10月28日、ドーハの悲劇に直面してその番号とともに夢を終わらせている。

W杯ロシア大会メンバーにサプライズで選ばれながらケガで代表を辞退した青山敏弘にとって、この背番号を背負うことの意味は大きく、深い。

日本代表のあくなき挑戦、の意味が込められている。

同じくサンフレッチェ広島から選出されている佐々木翔は「4」に決まった。

ひろスポ!森保ジャパン取材班

ひろスポ!関連記事
西野朗、森保一…ドーハの悲劇からロシアW杯コロンビア戦前夜とその先へ
hirospo.com/pickup/47991.html

ドーハ、マイアミ、サランスクからロストフ・ナ・ドヌーへ吹く風と西野監督、森保コーチと…
hirospo.com/pickup/48228.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内